11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2006年を振り返って。

2006/12/31
別記事として分けましたが、これで2006年のブログの更新納め(多分)
この一年、本当にあっという間でした。

2006年を振り返ると、「好きなものが増えた年」であり、
「今までも好きだったものを、もっと好きになった年」だったなぁ、と。
もちろん、ここには書けないような嫌なことも沢山ありましたよ。
それでも多くの好きなものに囲まれて、楽しいことの方が圧倒的に多かった、素敵な年でした。

ただ、好きなモノが増えたことによって、「あれも見たい」とか「これも聴きたい」とかいうのが増えて、忙しさがUPしたのが辛かったけど。あはは。
人間の欲望は、尽きることがありませんわねぇ・・・(笑)

このブログも、書きたいけど時間がなくて書けなかったもの、タイミングを逃してUPしそびれたもの、まだ下書き中のもの、いろいろあるけども、それなりに自分のペースで更新できて良かったな、と。
続けるって、結構大変なんだもの。
ヨロヨロしながらも、一年続けた自分を褒めてあげよっと♪

こうして「楽しかったなぁ」と思いながら年が越せるのも、
ここを訪れてくれる方々のおかげでもあります。
本当にありがとうございます
来年も、ヨロヨロしながらも更新していきますので、
よろしくお願いいたします~☆

ではでは、みなさま、良いお年を
関連記事
10:57 日記 | コメント(2)

あぁ・・・大晦日

2006/12/31
大して掃除もしてないうちに、今年ももう大晦日を迎えてしまいましたよ。
主婦として、こんなことでいいのか? 反省しまっす♪

土曜日は、アンタッチャブルが出てた「お母さんは泣いてるぞ」を見たり。
何とも“実験的”と言うか“何でもあり”と言うか、不思議な番組だったなー。
チャブが刑事で、ゲストが人質をとって色々要求することでトークが進むという設定は面白かったし、二人のやり取りも相変わらず息が合ってて良かったなぁ、と。
何もかも、「太陽にほえろ」をパロってるトコが好き。効果音もそうだし、『七曲署』ならぬ『母曲署』とか、山崎さんのあだ名が『山さん』だったりとか。
ツボだったのは、山崎さんが『デカ長』の柴田さんを『次課長!』と呼んだトコ。
他にも、Wiiリモコンを「ジタバタするなよ♪」とシブがき隊の真似して踊ってたトコとか。若い人はキョトンだろうけど。
好きさ、そういうジェネレーションギャグ。

ただ、ゲストの要求が洗濯機やらダイニングテーブルやらで、それを幾つか用意して「さぁ、どうだ」と紹介する場面は、テレビショッピングみたいで、「何なんだ?」とツッコみたくなった(笑)
人質役のきたろうさんの自由っぷりとか、お母さん役で出てきた清水ミチコさんがちょいちょい自分の設定を忘れてたのもナイス☆

で・・・買い物行ったら、某俳優さんのカレンダーを見付けて衝動買い。
あんなでっかいポスターみたいなカレンダーなんぞ買ったの、何年ぶりか分からないくらい久しぶり。
でもでも。
こういうカレンダーって、1,2枚は好きな写真があっても他は・・・なんてことが多いけど、店頭でめくってみたら、どの写真も悶絶しそうなほど格好良かったんですもの。
萌えですわよ、萌え(笑)
それに、もう年末だからということで、ものすごく安くなってたんだもの。
これはもう買うしかない!ということで、買っちゃいました。うふふ。
どこに貼ろうかな♪
関連記事
10:28 日記 | コメント(0)

数日遅れの「クリスマス」

2006/12/29
昨日の深夜は、小田和正さんの「クリスマスの約束」を。
一年に一度のお楽しみ♪ 朝からウキウキと待ち遠しかった~。

クリスマスは過ぎてるけど、
窓の外に雪はないけど、
私の隣でダンナさんが、夜食の豚汁をズズズ・・・とうるさかったけど(笑)、

でもでも、今年も小田さんの素敵な歌声が聴けて幸せでした

レミオロメンの「粉雪」も、尾崎豊の「I LOVE YOU」も、とても聴き応えがあって、どの曲を歌っても『小田さんの曲』になるのが素晴らしい。

スキマスイッチと一緒の曲作りの様子が可笑しかったー。
歌詞作りが気になって仕方ない小田さんと、お父さんの言うことを聞き流してる感じの二人と。
常田さんの歌詞を「ちょっと女々しい感じ」と言った小田さんが、常田さんに「小田さん、散々歌ってたじゃないですか、そういう歌を」と指摘されてしまう場面も(笑)
そして出来上がった曲「僕らなら」。うん・・・良かった~。
次に歌った「全力少年」も!
特徴のある大橋さんと小田さんの声が邪魔し合わず、美しく響いて、とても心地良かったですよん。
私もお客さんと一緒に手拍子しながら、ウキウキと☆

それと、KAT-TUNに書いた曲、「僕らの街で」
KAT-TUNが歌ってるのも好きだけど、まさに『小田さんが作りました』という感じのこの曲、小田さんの声で一度聴きたかったのですよねぇ。
予想通り、メチャメチャ素敵じゃないですか♪

去年と同じように、この番組を楽しむことが出来たことが本当に嬉しい。
来年もまた、この時間を味わえることを心から願って・・・
関連記事
12:18 テレビいろいろ | コメント(2)

さよなら、千秋サマ

2006/12/27
息子くんが冬休みに入ったし、年末だしで、ホントに忙しいです。
あれこれと、ブログにゆっくり書く時間が欲しい~(切実)
イベントのことも早めに書いておかないと、細かいところを忘れそうでヤバイわ。


月曜で、とうとう「のだめカンタービレ」も終わってしまった。
これでもう千秋サマに会えなくなるのが寂しい。

わざわざ福岡まで迎えに行った千秋が、のだめを土手で見つけて、そうとは知らないのだめの背中を見つめながら、ケータイで話してたあのシーン。
後ろからのだめを抱きしめた千秋サマ。
あぁ、もう素敵過ぎ
このシーン、まさにワタシのツボでして。胸キュンです(死語・・・笑)

そしてエンディングのオーケストラ。
「第7」自体が持つ音楽の明るさと、彼らの未来を照らす明るさと、この曲でお別れだという切なさとが混ざり合って、目を潤ませながら指揮棒を振ってる千秋サマに、私も一緒にウルウル。

玉木くん、良かったな~。
今までそれ程ファンではなかったけど、また違うドラマも見てみたくなった。
それに、白いシャツに細身のパンツという物凄くシンプルなファッションが、あれほど似合うなんて凄いですよん。
シャツの襟元がちょっと開いてたのが、私好みで。
もうちょっと深く開いてたら、更に良かったのに~(笑)
関連記事
16:38 テレビいろいろ | コメント(0)

「M-1グランプリ2006」・ワタシ的感想

2006/12/25
「M-1グランプリ・2006」も、無事に終了。
リアルタイムでは見れなかったものの、ネットやその他で結果を知ることのないように気を配りつつ、まっさらな状態で見られたから、ひと安心。
そのせいで、昨日は遅くまでビデオを見る羽目になったけど(笑)

で、ネタを見ての感想を少々。

POISON GIRL BAND
こういうシュールなコンビは、トップバッターに来ると戦いにくいだろうな。でも、その点を考慮したとしても、やっぱ最終決戦の3組には残るのは難しいと思った。
元々あまり私好みのネタをするコンビじゃないのよね(すいません)。シュールだから好きじゃない訳ではなくて、彼らが選んでくるシュールさのベクトルが、私の好みとは違う方向を向いてる感じ。

フットボールアワー
一本目のネタは、文句なしに面白かった。
最終決戦でのネタは、のんちゃんの台詞がどうにも聞き取りにくいのが苦手(まぁ、わざと聞き取りにくくしてる面白さ、という面はあるんだろうけど) 『取り皿』で引っ張るのも苦手だったり。
でもでも、一度M-1王者になりながらも、今回再び参戦した彼らはとてもカッコ良かったと思う。ハードルが高い中、ちゃんと最終決戦に駒を進めたし。それだけで◎です。

ザ・プラン9
最終決戦には進めなかったけど、私、このネタ面白かったです。
5人が横ではなくて縦に並んでたから、他に注意が向きにくく、どんなボケが出てくるのか想像しにくかったのが良かったな~と。

麒麟
フットと同じように、一本目のネタはメチャ面白かった♪
最終決戦、応援してたんだけどな。いつも2本目は失速する気が・・・。
一本目が面白すぎるのかしらん?

トータルテンボス
う~ん・・・あんまり印象に残ってない。
息子くんは、「ラーメンを作ってます」の繰り返しにウケてたけど。

チュートリアル
優勝おめでとーございます☆
正直、一本目の冷蔵庫ネタは、それ程好きなネタではないので、あれほどの高い点数になったのが意外だったです。
んで、二本目。
一本目よりも面白いネタで、なおかつ一本目と同じ徳井さんの妄想っぷりが炸裂してたので、7票獲得での優勝は予想できた。この辺りの展開は、去年のブラマヨの優勝の仕方にすごく似てたかと。

変ホ長調
アマチュアの方なので、ネタを見るのは当然のことながら初めてで、「どうも~!」と元気良く出てくるような漫才を予想してたら、見事に裏切られた(笑)
どこまでがアマチュアゆえの未熟さで、どこからが彼女らの持ち味なのかが、よくわかんなかった。

笑い飯
Wボケ、実は苦手。すいません・・・。

ライセンス(敗者復活)
地方にいると、彼らのネタを見る機会は滅多にないので、彼らの名前が呼ばれた瞬間は、「へぇ~、意外・・・」と思ったのが正直なトコ。
最終決戦には進めなかったけど、私にとってはかなり面白かった。
「野比氏、野比氏」という台詞がツボ♪
関連記事
17:08 テレビいろいろ | コメント(4)

感謝されて来ました♪

2006/12/24
昨日更新できなかったのは、ダンナさんとお出かけしてたから。
どこへ行ってきたかと言うと、

『ゲームセンターCXファン感謝デー』

「ゲームセンターCX」のDVD-BOX3の発売記念イベントです♪
この手のイベント、地方の私は参加できず、毎回非常に悲しい思いをしてたんですけども。
今回はキャパが800人(今までは100人程度)ということで、時間的にも少し余裕があり、ダンナさんの協力もあって何とか購入予約を果たし、参加することが出来ました~。

キャパを大きくした分、さすがに後ろの方には空席も少しあって、課長もツッコんでたけど(参加したくても出来ない人が多いんだから仕方ないかと)、でも、そのおかげで私は今回参加出来た訳だから、この会場を押さえてくれたスタッフに感謝・感謝でした。

で、イベントの様子は来年放送されると思うし、どの程度放送するか分からないから、今の時点では詳しくは書きません。
忘れないうちに下書きをちょびちょび書いておいて、放送を見た上でUPするつもり。

生で見たAD浦川くん、メチャ格好良かった
客席から、「かっこいい!」という女性の声もいくつか聞こえて来たほど。
むさくなくて良かったわぁ。

イベント開始前に書いたアンケート。
すいません・・・年齢の欄、少々サバを読みました(笑)

今の時点でまだまだ書きたいこともあるんだけど、向こうから息子くんの「早くネット終わらせろ~!」という声がうるさいので、一旦ここでUP。
関連記事
13:30 ゲームセンターCX | コメント(4)

ひとしずくになりたい

2006/12/22
一昨日のカンニング中島さんの訃報。

中島さんご本人、奥様、相方の竹山さん、その他周りの方々の胸中を思うと辛すぎて、昨日はとてもじゃないけど更新できませんでした。
一日中、自分の中でいろんな気持ちが渦巻き・・・。
竹山さんの淡々とした会見を見ると、また切なくて。

もっともっと生きたかっただろうな。
中島さんご本人も、奥様や竹山さんも、どれ程の希望と不安と覚悟の中で、この2年間を過ごして来られたかと思うと、とても他人事とは思えなくて辛いです。

だけど、突然この世からいなくなるよりは、少しずつ少しずつお別れの覚悟ができたことは幸せだったのかもしれない、と思いたい。


人間、誰しも『死』は避けられないけれど、生きたいと思う人が生きられる明日を迎えられるように、「こんな病気、怖くないんだよ」と言える日が来るように、ますますの医学の発展を願ってやみません。

そして、今の私に出来ること。
少しでも骨髄バンクのドナー登録者が増えればと思って、リンクを張っておきました。
私も登録したいトコなんですけど、条件に引っ掛かってて無理なので。

こんなとこで書いてても大した効果があるとは思えませんが、
ほんの一滴にでもなれば、という願いを込めて

骨髄移植推進財団

日本さい帯血バンクネットワーク
関連記事
09:42 日記 | コメント(2)

アブナ~イ!

2006/12/20
昨日のカスペ!「芸能界!危ない家に住んでるのは誰だSP」に出演したアンジャッシュ。

この番組を前に見たことはなかったので、どんな番組なのかさっぱり分からず、“アンジャが出演”つったって、どうせスタジオで「ちょっと~!」とか「おいっ」とか言ってるだけなんだろうな(それすらも大してないかも)と思って、全く期待しないまま録画を。
ところがところが、ワタシの悲観的な予想を覆す、ステキな展開でございました♪

ただ、最初のアンジャッシュの紹介VTRで“ショートコントの魔術師”とナレーションが入ってたのは、納得行かんかったけど。
魔術師はホントだけど、“ショート”コントじゃないよん。

『冬場に危ない家』の例として、児嶋さん宅を渡部さんが訪問。
児嶋さんちは、内部を何度か拝見したことはあるけども、外観をしっかり映したのは初めて見ましたですよ。
なかなか立派~☆
自分の来訪を、インターホンではなく玄関ドア蹴って知らせる渡部さんがナイス。
で、肝心のお部屋の中、相変わらずな感じで(笑)
サンドバッグはまだ許す♪ 邪魔なことには違いないけども、『パンチ・パンチ・鏡の前でポーズ』の連続技は、ウケましたよ。
でも、電子ジャーは床に置かない方がいいんではないかと。
そして、何故児嶋さんちが冬場に危ないかと言うと、暖房による結露がコンセントに溜まったほこりに触れて、トラッキング現象により火が出るかもしれないから。
トラッキングは知ってたし、滅多にない現象とは言え一応気をつけてはいるけど、「こんな風に火が出ます」なんて実験映像見たりすると、改めて「怖いなぁ」と感じますねぇ。
息子くんは、初めて見て「こえ~!」とビビってた(笑)

次は、渡部さん宅を児嶋さんが訪問。
玄関先から見たのは初めてだったので、ちょっとテンションUP。
室内は相変わらずお洒落~。ウニ時計が可愛い。
ケイコのくだりはベタ過ぎるオチ(笑) でも大好きさ♪
で、渡部さんちの『危ない』は、騒音。
先日の「今田ハウジング」で見た時に、駅が近くてうるさそうだなとは思ってたけど、やっぱし・・・。
ガラスを変えなくても、遮音カーテンつけるだけで、結構効果があるのには驚いた。

スタジオの賑やかしでもなく、地味にレポーターでもなく、ゴールデンの時間帯で(それも、日テレ・テレ東じゃなくフジで)『アンジャッシュ・○○宅』などというVTRが見られただけで、ちょっとタレントとしての居場所が上がったみたいで嬉しいなぁと、感じずにはいられまへんでした。

アンジャッシュの場面以外では、飛ぶ消火器が怖かったなー。
あとは、プリンセス天功邸で「アブナ~イ!」と言ってた外人さんがツボ。
あなた、日本語では喋らないでしょ!と・・・(笑)
関連記事
11:11 アンジャッシュ関連 | コメント(5)

「上田ちゃんネル」・海釣りSP前半戦

2006/12/19
「上田ちゃんネル」#8のワタシのツボ。
今日の夕方には、もう#9の放送だっちゅうに(まぁ、私が見られるのは明日なんだけど)・・・。

上田さんと古坂さん、ま~相変わらずしゃべるしゃべる!
今回は初のロケで、三浦半島にお出かけして海釣りを。
でもでも、さすがは低予算のこの番組・・・ロケはお金がかかってるため、この日一日で4本撮りしたいとのこと。
打ち合わせで、「『釣りで一本(60分)、魚を食べて一本、みかん狩りで一本、風呂で一本』お願いします」と言われた(そして打ち合わせもそれだけ)という、強引かついい加減な感じが◎

“釣り企画”というと、釣った数や大きさで勝負したりするのが恒例だけど、「『上田ちゃんネル』では、そういうのはなくして行こう」と、上田さんがご提案。
いいですねぇ~。
上田さんたちが楽しんでくれることが私も楽しいので、勝負なんかどうでもいいという、そういうゆるさ大好きですよん♪

船が出てすぐ、ちょっと離れたトコにいる他の釣り人に向かって、「サメ、いっぞ!サメ!」と、いい加減なことをでっかい声で叫ぶ古坂さん(笑)
んで、海風を受けるから、「あぁ、上田さんの髪型が崩れてる・・・。海砂利水魚時代の面影が・・・」と、ちょい気になってしまったワタシ。

釣り船を操縦してる船長のお顔を見て、
 「劇画で描いた猪木さんみたいな感じがする」
 「確かにな~」
 「あの『スーパースター列伝』の」
 「お得意の「坂口よ・・・」って言ってる時の、そういう時の顔だろ(笑)」
古坂さんは、大ウケしつつも、上田さんのマニアック過ぎるプロレス話に、「無理だからな!(マニアック過ぎて、視聴者)笑わねえから!」とダメ出し。
確かに、前回の放送で、女子アナの卵に「クソかけるぞ!」と言った古坂さんに対して、上田さんが「ダメです!クソかけていいのは、長州が安生の墓にぶっかけるだけです!」と言って、二人で大笑いしてた時、何のことやら?と、私にはさっぱり分からなかったことは事実(笑)
それでも、二人が楽しそうだったから別に良かったけど♪

で、肝心の釣り。餌はなくなってるけども一向に釣れる気配なし。
途中、釣りの手を止めて、「ふじさき」という名のミネラルウォーターを飲みながら、しばし休憩。
そしてカメラに向かって、勝手に「ふじさき」のCMを始めるも、肝心の「ふじさき」を噛む古坂さん(笑)
そこで上田さんがディレクター役となり、ミニコント突入~。
その先はわざと噛んで、何度も「ふすすすす・・・」(笑)
このくだらない噛みっぷりに、私も息子くんも大ウケ。

あまりに釣れないので、「オレ、もう日本に魚いねぇんじゃねぇかと思っちゃうわ」とか、「市場ででっかいマグロとかが並んでるのを見ると、あんなにでっかい魚を世界中で毎日獲ってたら、もう世界にはマグロいないんじゃないかと思っちゃう」と言う上田さん。
古坂さんには「短絡的なんだよ!」とダメ出しされたけど、上田さんのその感覚、私にはすっごく分かるんだけど!
私は味方ですぜ、上田さん☆

上田さんたちが釣れない中、隅っこでなぜか釣ってた上田さんの後輩芸人くんがサバGET。
テンションががっつり上がる上田さんと古坂さん。
調子に乗って遠くから叫んでくる後輩くんに向かって、「うるせえよ!クソぶっかけっぞ、お前!」と、古坂さん。
で、上田さんは以前と同じく、「ダメです! だから、クソぶっかけていいのは、長州が安生の墓にだけですから」
今回のこの言葉は、前回と今回の前半の流れを見て、私も知ってたので、ぶはは!と大ウケしてしまいましたよ。
うん、大丈夫。
今度からは、しっかり付いて行けますよん。

で、古坂さんにあたりが来たトコで、#8は終了~。
#9は今回とはうって変わって、バカバカ釣れるらしいので、釣って食べて60分。
漁師汁とでも言うのかな、あの味噌汁。
すっごく美味しそうなのよね~! 食べた~い!!
関連記事
11:05 くりぃむしちゅー関連 | コメント(2)

『ヒーローショー』@「エンタの神様」

2006/12/18
土曜日の「エンタの神様」でのアンジャッシュのネタ、『ヒーローショー』
『ピーポくん』や、『キュータくん』タイプのネタですね。

前に「エンタ」でやった、『間抜けな誘拐犯』にも似てる。
なので、今回の感想は、その時のに一番近いかな。
いくつかの台詞は上手く転用してたし、効果音もそれなりに・・・。
私が「おぉ」と感動するほど捻りがきいてる訳でもなかったけど、単純に面白かった。
私のイチバンのツボは、ブラックソルジャーの台詞の数々♪
渡部さんてば痩せてるから、ヒーローなのに全然強そうに見えなかったですけど・・・まぁ滅多に見られる姿じゃないので、それはそれで楽しかったです。


でも実は今回、アンジャッシュの後で登場したクールポコの方が、面白くてケラケラ笑ってしまったのですよね~。
好きなんですもん、あのネタ☆
血管ぶち切れそうな「な~に~!」という台詞も好きだし、「男は黙って・・・」の後に何を言うんだろ?と思うとワクワクしちゃうのですよん。
で、「男は黙って」の後に続く言葉は、どれもツボ。
“流し台”って・・・ぷぷぷ。
このネタ、私だけじゃなくてダンナさんも息子くんも大好きで、誰かが何か無茶なこと言ったりすると、「な~に~!」って真似して遊んでます。
たまに、「やっちまったな!」も付けて(笑)
関連記事
15:53 アンジャッシュ関連 | コメント(2)

クリスマスを前に。

2006/12/18
いつの間にか12月も中盤を過ぎて、もうすぐ息子くんは冬休みですよ。
まだまだだと思ってたのに・・・もうちょっと学校行っとけ!
家にいたって、大して手伝いしてくれる訳でもなし・・・。どうせ、ゲームしてるか、アニメばっかり見るんだもんなー。

年末に向けて、私も掃除やらその他諸々しなくちゃかな?とも思うけど。
週末に、クリスマスやら他の大事な予定もあるし、何となく持病の頭痛に襲われそうな周期に差し掛かりそうでもあるので、とりあえず「今週は体調維持を第一に、特別な事は何もしません」宣言を、ダンナさんにしときました(笑)

息子くんへのクリスマスプレゼントは、やっぱりゲームソフトになりそうな気配。
本人は「Wiiがいい!」と言うておりましたが、あっさり却下しておきました。「じゃあ、サンタさんにWii頼もう」と言ってましたけど、無理だと思うなぁ(笑)
学校の友達は結構持ってるらしいし、いつかはウチでも買うとは思うけど・・・今はまだダメ。

ちなみに、私が欲しいのは財布♪
今、KEITA MARUYAMAのを使ってるんだけど、もう何年も経ってるので、擦れてかなり色が剥げてきてるのだ。
中の生地のチェックが気に入ってて、ホントは同じものを買いたいくらい。
他になかなか気に入るモノに巡り会わないのですもの。
ダンナさんに話したら、「まだまだ行けるよ」と、私の分もあっさり却下されてしまった・・・。
くっそ~!
関連記事
10:14 日記 | コメント(2)

ナイス・バッティング

2006/12/16
待ち遠しかった「ゲームセンターCX」#40、見ましたよん♪
(『有野の挑戦』のことは、また後で書くつもり)

今回は、前半の「マイティボ○ジャック」の挑戦でイノコが、後半の「レッドア○ーマーⅡ」の挑戦で久々に笹野Dが出てくるから、浦川くんは出ないんだろうな~と諦めていたワタシなのですが。

出たよ、出ました。やったね~(≧▽≦)
挑戦そのものでは出て来なかったんだけど、「たまゲー」で☆

バッティングセンターにお出かけ。
そこに置いてあるゲームでひとしきり遊んだ後(といっても、機器の稼働率メチャ低し)、せっかくなのでバッティングにも挑戦した課長。
ところが帰宅部&野球オンチの有野課長、バットにボールが全く当たらず。
いくらなんでもあのフォームはなかろうと思う程ヒドイ(笑)

そこで見かねたAD浦川くん登場♪
 「僕、小・中と野球部でして、ちょっとやってもよかですか?」
 「打てんの~?」
 「打てます!」
その言葉通り、カキン!と打ち返した浦川くん。さっすが。
 「うわー、すげぇ。すっげぇ!」

久々に聞く浦川くんの「よかですか?」は、やっぱり良いなぁ♪
課長の返事を聞く前に、心の中で「よかです、よかです、打っちゃって下さい!」と叫びまくりましたよ、ワタシ。
それに髪型もこざっぱりしてて、カッコ良かった。
欲を言えばその場面、後ろからじゃなくて横からのショットで見たかったけど。
それでも、登場してくれただけで嬉しい~☆

その後、有野課長にバッティング指導を。
浦川くんの指導のおかげで、バットを持つ姿もさまになり、あんなにひどかった課長でも、見事に打ち返せてた。
武田アナの、「ゲーム以外は、飲み込みの早い有野さんでした」というナレーションが、可笑しかったですよん。

今回の浦川くん出現ポイントはこれのみ。
でもでも、許す!
「たまゲー」のロケ場所に、バッティングセンターを選んでくれてありがと~!と、感謝しまくりでございました。
関連記事
00:14 ゲームセンターCX | コメント(0)

お正月気分♪

2006/12/14
先日の「FNS歌謡祭」でのV6・長野くんの胸元が、あまりにも私好みで、暇さえあれば見返して萌えております。
いやはや、素敵過ぎ
こんなことなら、もっと高レートで録画しておけば良かった・・・。

とは言え、萌えてばかりいる訳にも行かないので、昨日は買い物がてら水曜恒例本屋で立ち読みした後、ザ・テレビジョンのお正月特大号を購入♪

1月5日までのスケジュールが出てるので、それを読んでたら、すっかり気分はお正月。
まだ大掃除も年賀状の準備も、何にもしてないちゅうに。

で、そこに載ってた、アンジャッシュとアンタッチャブルの年末年始のTVスケジュール。
思ってたほど、アンジャッシュの特番出演がない!つまら~ん。
(今後追加される分があるかもしれないけど。「爆笑ヒットパレード」とか出ないん?)
芸人さん沢山で、わちゃわちゃやるような番組の出演予定が殆どないのが、いかにもアンジャッシュ的。
まぁ、『アンジャッシュが出るから』という理由で、あまり私好みじゃない番組をいろいろチェックするのも疲れるから、これくらいで充分かな?という気もする。

それに引き換え、チャブのスケジュールの多いこと(驚)
レギュラー番組の特番自体が多いし、それ以外の特番もメチャ多い!
でも、チャブが出なくてもそこそこ見るかも、という感じの番組が多いから何とかなりそうだし、うちの地域でもどうやら殆ど放送されるみたいだから一安心。
あとは、くりぃむの番組もチェックチェック♪

問題は、息子くんのアニメ関係とダンナさんの映画関係だな。
どうか見たい番組が4つ以上かぶりませんように
関連記事
10:02 日記 | コメント(2)

8分の7

2006/12/12
M-1グランプリの決勝進出者8組が、昨日決定致しましたねー。
出演順に並べると、

POISON GIRL BAND(吉本興業 東京)
フットボールアワー(吉本興業 東京)
ザ・プラン9(吉本興業 大阪)
麒麟(吉本興業 大阪)
トータルテンボス(吉本興業 東京)
チュートリアル(吉本興業 大阪)
変ホ長調(アマチュア)
笑い飯(吉本興業 大阪)
そして、ラストは当日行われる敗者復活戦勝者。だそうな。

ひとまず、決勝進出おめでとうございます♪


・・・・・でも、あんまし私のテンション上がっておりません。
大のお笑い好きには変わりはないのですよ~。
去年はどうだったんだろ?と思って、去年自分が書いた日記を見返してみましたが、感じてることは殆ど同じ(笑)
相変わらず吉本率高いしな~。
今年もタイムマシーン3号が進出するの、期待してたんだけど、残念。

準決勝を見てないから詳しいことは分からないけども・・・というか、準決勝から決勝への落ちる数が半端じゃないから、「え~、あれもあれも落ちたの?」という感情の方が強く感じてしまうんだわね、きっと。
せめてオンバトみたいに、ある程度数を絞っての準決勝・決勝と見られれば、それなりに納得も行くんだろうけど。
M-1はこういうスタイルということで、仕方ないのか・・・。

この8組の中で言えば、頑張って欲しいのは麒麟。次いでフット。
そしてその他のコンビは、去年と同じく、「あぁ、この人たちってこんなに面白かったのね」と私に思わせて頂きたいな、という感じ☆
関連記事
12:30 テレビいろいろ | コメント(2)

ガリガリ君

2006/12/11
寒いのに、しょっちゅうアイスを食べてるダンナさん。

いろんなタイプのアイスを食べるんだけども、ついこの間、「今まで何回食べても『ガリガリ君』の当たりが出たことないんだよなー。ホントは当たりなんて無いのかも」と、私に向かってぼやいてた。

ところが・・・出ましたよ。
当たりが!!

☆証拠☆



でも、コレを当てたの、ダンナさんじゃなくて息子くん。

3個くらいまとめてダンナさんが買って来て、冷蔵庫に入ってて。
うち2個をダンナさんが食べ・・・。
最後に残ってた一つを息子くんが食べたら、当たりが出た(笑)

運が良いのか悪いのか・・・ぷぷ。

んで、当たり棒見て、ダンナさんが、「(ブログの)ネタにすれば?」と言ってたので、ネタにしてみました。
横で息子くんが、「なになに?何のネタ?」と訊いてきたのには焦ったけども。
関連記事
12:11 日記 | コメント(5)

ワープ・ワープ・セーブ♪

2006/12/08
すっかり遅くなった、「ゲームセンターCX」#39のレポのような感想。

今回の『有野の挑戦』での挑戦ソフトは、「マイティボ○ジャック」
主人公のジャックが、囚われた王族を救出するためにピラミッドの中を移動して行くゲーム、だとか。
全16ステージを攻略し、エンディングを見せるのが課長の使命。
このゲーム、1ステージがスクロールする通路面と1画面の王家の部屋とで構成されていて、辿りついた王家の部屋で、散らばってる爆弾を全て取るとステージクリアとなるそうな。
アイテム取りつつ進んで行くも、3機しかないのであっという間にゲームオーバーとなり、またステージ1からやり直しという、課長の苦手なタイプのゲーム。

コンティニューなしのため、早くもステージ4辺りで苦しむ課長を助けるべく、登場したのはイノコMAXことAD井上くん。
浦川くんじゃなくて、イノコかぁ。
イノコも好きだけど・・・よみがえる嫌な予感。
「浦川くんは今日もいないんだな」と、この時点で諦めました、ワタシ。
そしてイノコからは、「王家の部屋で、火の点いてる爆弾を最後に取って、出口から出てください」とのアドバイス。
その通りにした課長。すると、次のステージの通路面を通ることなく次の王家の部屋へとワープ。
そして、同じように火の点いた爆弾を最後に取って連続ワープ♪
「これでステージ16まで行っちゃうんちゃうの?」と、調子づく有野課長(笑)
しか~し、この技、一機やられるとワープを始めた最初のステージの通路面に戻されてしまう、という難点が・・・。
あ~、大変そう。

ただ、ワープを狙わずに王家の部屋をクリアすれば、次のステージの通路面からになるので、次回のワープに失敗しても今度はそのステージからとなり、結果的にセーブしたことになる訳で。
ワープとセーブとを駆使して、ステージ16を目指すことに。

さてさて、この王家の部屋。
飛んで来る敵を避けつつ爆弾を取るんだけど、「あ、敵が来た~!」とか「避けろ~」とか思いながら、ついつい眉間にしわ寄せて見てしまうので、すっごく疲れる。
今回の文章書くのが遅くなったのは、そのせい。

3機しかない状態では、ワープしてもステージ7程度までしかクリアできず、このままだとギブアップになりかねないので、残機を増やすべく助っ人のイノコMAXが登場。
でも、イノコが教えてくれたこの1UP、非常に手順が面倒臭くて失敗も多く、地味で孤独な作業を続ける課長。
お疲れ様です・・・。

残り時間を考慮し、15機となったところで、イノコと協力して再スタート。
ワープとやられてのセーブとを繰り返し、残機を減らしつつ、地道に進む二人。ホント、見てるこっちがしんどいわ。
でも、いつになくイノコも頑張ってる☆
しかしステージ12で力尽き、惜しくもゲームオーバー。
課長自ら延長を志願し、3日後の夜11時から再挑戦することに。

>>続きを読む・・・
関連記事
11:48 ゲームセンターCX | コメント(0)

アイドルです。

2006/12/07
昨日は、録画してたアニメが見たい息子くんに交渉し、「FNS歌謡祭」を。
まぁ、今年は一応録画してたんだけど、こういうのってなるべくリアルタイムで見たいし・・・。

見ながら、「あぁ、去年もこの番組見たなぁ♪」とか「郷さんの曲の時に、客席のイノッチが楽しそうだったのよね」とか、色々なことを楽しく思い出してました。
今年も去年と同じ会場からの放送で、客席も歌手の人ばかり。
カメラの前に観客の手が伸びてくることもないし、やっぱし落ち着いてていいなぁ。
TRFメドレーの時には、ノリノリで楽しそうな松潤やら、長野くんやらの映像も見られたしねぇ♪

特に楽しかったのは、嵐とV6の曲。
去年よりも、この二組はワタシの中の好き度がグッとUPしてた。(これに関しては、35さんと映画「東京タワー」が大いに貢献)
この二組のトコだけは、チョキチョキと切り取って、何度も見返しておりますが、どっちの曲も明るくて楽しい。

Vくんの「グッデイ!!」。
私、この曲、かなり好きなのですよね~。
ケータイの着信音もコレだし。気に入ってるので、まだしばらく使う予定。
この番組を見るために交渉してた際、息子くんに「誰が出るの?」と聞かれて、「嵐とかTOKIOとかV6とか・・・」と説明してあげたら、「V6って『学校へ行こう』に出てるだけの人じゃないの?」と言われた(笑)
「違うよ、本業は歌手なんだよ!アイドルなんだよ~!」と、ちゃんと説明しておいたけど、彼にとってVくんは、「学校」で変な格好したりして遊んでる人達、というイメージが強いらしい・・・。


以下は、うちの猫が、私の近くにあったヒモにそそられてる図。
>>続きを読む・・・
関連記事
16:51 日記 | コメント(4)

「ビジトジ」復活

2006/12/06
今朝は、ビジトジの記者会見映像を求めて、「めざまし」「やじうま」「ズームイン」をざっぴんぐ。

パチンコ台とパチスロ台が出ることは知ってたんだけど、『ビジトジの世の中をもっと楽しくするプロジェクト』とまで名づけて、公式HPを立ち上げるとは思ってもみんかった。
パチンコ台以外にもDVDやらライブやら、いろいろなのね。

で、肝心の記者会見・・・どの局もちゃんと見られました、はい。
しかし、おぎやはぎの二人が真ん中で、VTRも小木さんの森山家での生活の話がメインつーのが切ないわ。
まぁ、内容的に他のを避けるのは、仕方ないと分かっちゃいるけども。

アンジャッシュもアンタッチャブルも、全体が映った時にちょろっと。
「ズームイン」だけ、説明してるアンジャッシュの姿がほんの一瞬。
あの一瞬だけでも喜んでしまった自分が、可愛いような虚しいような(笑)

あとは、小木さんに話を振る、渡部さんと児嶋さんの声だけが・・・。
そして時折、柴田さんの声も。

それにしても、あの服装。誰のデザインなんだろ。
まさか、社長?
「んなバカな・・・」とは思うけど、「あり得ない話でもないかも」と思ってしまう自分もいる(笑)

ライブは私んトコは関係なさそうだし、DVDは買うかどうか考え中。
公式HPもこれからいろいろ公開されそうだから、要チェックですわね。

んで、今回のプロジェクトで、私が密かに期待してるのは、芸能人パチンコ対決番組とかで、「これ僕たちが出てるんですよ~」などと言いながら、アンジャやチャブがゲスト出演する図。
可能性が無くはないとは思う。
けど、こういうのがあるとしたら、おぎやはぎかドラドラっぽいのよねぇ。
爽やかイケメン芸人のアンジャがパチンコする図・・・う~ん、やっぱ無さそう。
関連記事
16:06 アンジャとチャブ | コメント(4)

「おれは非情勤」

2006/12/06
この前から、ちょっと理由があって、何年か前に読んだ東野圭吾さんの短編集・「おれは非情勤」(「非常勤」ではない)を読み返してました。

小学校の非常勤教師が主人公で、この主人公、タイトルにもあるようにハードボイルド。
元々は小学5・6年生のための読み物として書かれた作品なのに、主人公は教師という仕事自体好きではないし、子供たちを心の中では『ガキ』と呼んじゃう、すごいお話(笑)

作品中では、殺人や脅迫事件が起こり、いくつかの魅力的な謎が。
“子供たちだからこそ”の謎だけど、大人でもちゃんと楽しめるのだ☆

謎を解く過程で現れてくるのは、いつの時代もあるような、いじめやコンプレックスや小さな悪意。

で。
それらの問題に関して、常勤の教諭たちがなるべく隠して穏便に済ませようと思っているのに対し、言葉は悪いし面倒くさがってはいるけれど、現実を見据えた上で、それでも「人として、こうある方がカッコいいぜ」と子供たちに語る姿は、非常勤でありながら、どの教師よりも誠実。

現実のニュースを見てると、子供や学校に関する嫌な事件が多くてうんざりしてしまうけど、この作品に出てくるような先生が近くにいたら、もうちょっと良くなるんじゃないかいな?と思わせてくれる。

読み終わったら、何となく元気が出ましたよん~♪
関連記事
00:15 読んだ本 | コメント(0)

ココリコミラクルタイプSP

2006/12/04
先週放送された、アンジャッシュ出演・「ココリコミラクルタイプ」をやっと見たです。
普段見てない番組なので、新鮮というか何というか(微妙)

事前に感想をいくつか簡単に読んでたので、あまり期待はしてなかったし、コメント書きに行って済ませようかとも思ったけども、一応自分のとこでも書いておくことに。

『結婚できない男SP』なる企画の、アンジャッシュは“結婚できないチーム”の一員だった訳で。
あくまでも、そのチームのメインは、石田純一さんとか細川茂樹さんとかだったので、あんまし目立たず・・・まぁ、ほぼ予想通り(笑)

石田さんによる、“食べ物の好き嫌いが合わない女”だと結婚する気が一気に冷める、というハナシ。
既婚者組と未婚者組とで、“冷める・冷めない”がきっぱりと分かれちゃってたのが興味深かった。
渡部さんも、児嶋さんも冷めるのか・・・ふむふむ。

私は基本的には冷めないなぁ、と思いながら見てた。
石田さんが言ってた、ベーコンがどうのこうのくらいのレベルじゃ全然♪
ただ、何でもかんでもマヨネーズどっぷりかけるマヨラーとか、異常な程に七味たっぷりとか・・・食べ方にデリカシーがあまり感じられそうにない人の場合は、冷めるかもしれない。

そして、渡部さんが例に挙げたのは、“肌を露出しすぎる女”
遊園地にスカートで来た女の子を、着替えて来いと家に帰したとか。
露出し過ぎは私も頂けないとは思うけども、だからと言って家にまで帰すな~!と、心の中でついついツッコミ。
コントでは、渡部さん役は大倉さん。
微妙な気持ち悪さが可笑しかった(一応、褒めてる)

児嶋さんの冷める瞬間の話が聞けなかったのは残念。
というか、児嶋さんの見所は、「余命が・・・」とか言ったとこだけだったような。
関連記事
23:26 アンジャッシュ関連 | コメント(4)

アン☆アン☆アン☆

2006/12/02
今回の「アメトーーク!」は、まるで私のために放送してくれたんではないかしらと、思わず勘違いしそうになるような、嬉しい企画。
アンジャッシュとアンタッチャブルがバラエティで一緒になったことは何度かあるけど、コンビ名に“アン”が付く『アン芸人(アン・スリー)』という、こういう括りでの出演というのが嬉しいのだ☆
(もう一組のアンガールズは、特別好きという訳ではないけど、チャブと一緒に仲良く「お笑い道」やってるから、それなりに好きだし)

しょっぱなから噛む山崎さんの姿が、もう既に私のツボ。
そして何故か、“カジュアルな人”といじられる児嶋さんも(笑) 「カジュアルカジュアル、うるせぇな」と、文句言うのが可愛い。

自分たちの方が先輩なのに、売れないと思われて(?)後輩が似た名前付けるし、今回の席も後ろだし、挨拶来ないし・・・と、嘆くアンジャが、切なくて可笑しくて愛しい。
で、そんな指摘に対して、一瞬「いやっ」と否定しつつも、二人揃って「う~ん・・・」と同じように肯定するチャブが、また可笑しくて。
チャブのこういうシンクロっぷり、大好きなのですよん。
でも、そんな風にシンクロする二人なのに、柴田さんの言わんとしてることが分からず、「なになに?」と聞いちゃう山崎さんもまた可愛くて、思わずブハッと。

「“アン”と言えば何?」という街角アンケート。
さすがに24時間テレビでマラソン走っただけあって、アンガールズがなかなかの得票数。
チャブも、3票入って惜しくも11位。ふむふむ・・・。
で、アンジャッシュは?と思っていたのに、いつになっても名前が出て来ず、結果0票で圏外。
そして、「おいっ!」と叫ぶ二人(笑)
あぁ、オチに使われてしまった・・・。
笑いにはなったし、それはそれでオイシイような気もするけども、若干の寂しさは否めまへん。ついつい「私に聞きに来~い!」と、心の中で叫んでしまったわさ。

ダーツでお題を決めてのトーク。
『アンジェリーナ・ジョリーの話』というお題があるのは、バカバカしくて笑ったけど、そこだけはもっと幅を狭くして欲しかった。
一組だけならまだしも、アンガとチャブの二組もがそこに刺さってしまうのは頂けないなぁ、と。
どう考えても、話が広がらないじゃないですか。もったいな~い。

『アン-1グランプリ』なるネタ見せ。
アンジャッシュのネタ(彼女の浮気)は、尺の関係上とにかくテンポが速かった。特に前半。
だから、笑えるはずの部分がさらっと流れて行ってしまってたのが、残念だったな~。後半は面白かったけどね。

チャブのネタ(ファーストフード)は、相変わらず笑った♪
何度も見てるけど、ちょこちょこ変わってるから飽きないな~。
レジ打ちしながらC-C-Bの真似になるとこ好きだし、「さりげなく~」と、わざわざサビじゃない部分を歌うのが、すっごくツボ。
あ~、でも6番の番号ジャケット着て他の客にキレる柴田さんが見られなかったのは、メチャメチャ残念だった。あのくだり、大好きなのに!

しかし、しかし、アン-1グランプリの優勝者がアントキの猪木さんて・・・いいのか?そのオチで。
優勝者を発表する蛍ちゃんが、「アン・・・」まで言ったところで、全員が「アン・・・?」と息を呑んで待ってる姿は可愛かったけど。
ホントに3組の中から選ぶなら、私はチャブに一票。

今回は、アンジャッシュだけを目当てに見てたら、ちょい物足りなかったかも知れないけども、チャブファンでもある私には、山崎さんのテキトーっぷりも可笑しかったので、かなり満足な回だったのでした♪
またやってくんないかな、アン・スリー。
関連記事
01:10 アンジャとチャブ | コメント(6)

雷、嫌い。

2006/12/01
もう少しすると雪が降るので(多分)、ここのところ雷がしょっちゅう鳴るのです。
停電でHDDのデータが壊れるのが怖いので(実際、昨日の「アメトーーク!」中もちょっとヤバかった)、なるべく早め早めに見てしまうか、残したいヤツは編集しておかないと・・・ということで、取り急ぎそっちの作業中。

毎回、録画レートやら、RAMで残すかRで残すかも悩むトコ。
RAMは簡単で使い勝手はいいんだけど、下手すると消えることあるし、他の機器でも読む事を考えるとRなんだけど、Rは消せなかったり微妙に編集箇所が違ってしまうこともあるので、その辺の調整が面倒くさいし・・・。
レートも、期待してなかった番組が意外に良かったりして、「あ、もっといいレートで録画しときゃ良かった」と、思うこともしばしば。
でも、その逆も多い。この辺の勘が鈍いのです、ワタシ(笑)
デジタル、めんどくさ・・・。

タイヤ交換もそろそろしなきゃで。これも面倒くさい
いつしようかな?まだ行けるかな?と、気を揉むのがイヤ。

つーことで、諸々の作業が終わったところで、感想書きます☆
関連記事
10:29 日記 | コメント(2)
 | HOME |