01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

アンジャッシュ@「歌うま」

2007/02/28
昨日の、「お笑い芸人歌がうまい王座決定戦SP」
この番組にアンジャッシュが出演する日が来るとは・・・感無量(笑)

ただの、“お笑い芸人の歌合戦”じゃないし。
“上手い”が付いてる番組ゆえ、絶対にアンジャッシュが出ることはないだろうと思ってたから(失礼)、いや~嬉しい。
でも、FUJIWARAみたいなイジられ方があるのなら、今後もたまには出しておくれよ・・・と。

一回戦突破は無理だろうとは思ってたのだけど、それでも対戦相手によっては万が一(重ね重ね失礼・・・)という事もあるし!と、若干の期待もしてた。
しか~し、よりによって相手がタカアンドトシ・・・無理です(笑)

つーことで、短い時間ながらも児嶋さんの歌を堪能♪
児嶋さんの大好きな長渕さんの『巡恋歌』、良いではないですか。
歌い終わった後の児嶋さん、所在なさそうな、どうにも居心地の悪そうな挙動不審な感じが可愛かった。
最近カジュアルさに磨きがかかってる衣装もいい感じ(笑)
途中、同じように長渕好きの上田さん達が口ずさんでる様子が映ってるのも、嬉しかったり。

歌い終わって、このままじゃ渡部さんの見せ場がないじゃ~ん・・・と思ってたら、またまた出てきたあのシャワー写真。
まぁ、あの写真が出てこなくても、有田さんからの振りを受けての、渡部さんの「あんま思ってないすね」という、リアクションが良かったっす♪
余りに久しぶり過ぎて忘れたけども、「世界一受けたい授業」以来?かと思われる、アンジャッシュとくりぃむの共演もかなり嬉しかった。
もっともっと、くりぃむの番組に出してくれたら嬉しいのに。

さて、アンジャッシュが敗退した後は、他の芸人さんの歌で楽しんだ訳ですが。
他の芸人さんの歌の時に、ちょいちょい映るひな壇も気にしつつ。
スピワ・小沢さんが、渡部さんに何事か耳打ちしてるシーンが◎

ますおか・増田さんの歌の上手さは言うまでもないので・・・他に今回「おぉ~」と思った人を挙げるとすればやはり、決勝まで進んだ神奈月さん。
特に、『今夜月の見える丘に』が素晴らしかった~!
やっぱりモノマネ芸人さんて、歌が上手いのですよねぇ。

そして、ますおか・岡田さん。
歌ではなく、マイクを持ってるかのように見せかけて隠し持ってた、マラカスとおしゃもじがベタ過ぎて、可笑しくて・・・まさに私のツボでした。
関連記事
11:05 アンジャッシュ関連 | コメント(6)

今頃、「Augusta Camp 2006」

2007/02/27
先日BS-iで放送してた、「Augusta Camp 2006」
スキマスイッチが所属するオフィスオーガスタのアーティストが集合しての、恒例の夏フェス。
『恒例の』とか言いつつ、まぁ・・・私は初めて観たんですけど(笑)
あくまでもスキマ目当てなので、それ以外の部分もほとんど観てないし(すいません)

まず思ったのは、「野外だ!」と。 とにかく「野外」だ。
いや・・・そりゃまぁ、もちろんそれを知ってた上で見始めたんだけども、
それにしても野外だ、と(しつこい・・・笑)
なんたって広いし、日が暮れてからの曲になると、ステージの照明に惹かれて寄って来た凄い数の虫が、ぶんぶん飛び回ってるのが映ってるし。

そうそう、私は野外フェスは行ったことないのですよん♪
だって・・・だいたい季節が夏で時間が長いから、インドア派で体力無しの私が行ったら、ぶっ倒れること間違いなし!!
なので、今まで心惹かれるライブも幾つかあったけど、最終的には自粛。
参加して楽しそうにしてる方々、ホント尊敬します。

で、肝心のスキマ出演部分。
放送された曲は、『ボクノート』・『スフィアの羽根』・『ガラナ』
ラスト、全員集合しての、『惑星タイマー』・『星のかけらを探しに行こう』

特に、『スフィアの羽根』は、実際に歌ってるのを見たのが初めてだったので、かな~り嬉しかった。
CDよりもアップテンポで、いかにもライブ~☆な感じ。
元気が出るわ~。

そして。
何といっても・・・大橋くん、痩せてる!スッキリしてる!(笑)
年末年始から今に至る、肥えっぷりとは大違いだ・・・。
そういう体質なんだろな、とは分かっちゃいるし、肥えてるのも可愛くて大好きだけどさ。
ワタシの好みでいえば、これくらいスッキリしてる方が良いわ。

それにこの頃は、髪型もかなりスッキリしてる。良いですぞ♪
多分、髪の量が元々多いんだな・・・。
だから今みたいに、あんまし全部伸ばさない方が良いと思うよー(これも、あくまでもワタシの好みの話ですけど!)

シンタくんは、いつもとそう変わらずなのだけど・・・
ラストの部分で短パンだったのがツボ(笑)

この番組、TBSチャンネルで3月31日にも放送予定。
んで、そっちは2時間半で、『ふれて未来を』も放送してくれるみたいなので、
かなり楽しみにしておるのです。
うふふ♪
関連記事
14:57 スキマスイッチ関連 | コメント(0)

はぴはぴはぴ☆ばーすでぃ

2007/02/25
今日は2月25日。
私がお祝いしたいと思う、大事な3人の誕生日。

まずは・・・
スキマスイッチ・シンタくん、29歳、おめでとうございます
がっつりとファンになったのはつい最近だけど、大好きですよー。
シンタくん自身もスターですが、スター☆大橋くんの歌声・メロディの魅力を最大限に引き出す為の、縁の下の力持ちのような職人的なトコが大好きっす。
そして、シンタくんの書いた文章や、考え方も大好きで。
出来る限り多くのファンに満足してもらえるものを作り出そうと心を砕いてくれる、その姿勢がメチャメチャ素敵です。
私が、『スキマスイッチ』というアーティストに惹かれたきっかけは、大橋くんの歌声だけど、そこから更に踏み込んで、スキマスイッチを心の底から応援しようと思えたのは、シンタくんがいたから。
これからも、スター☆大橋くんと一緒に、素敵な音楽を作り続けて下さいませ。
29歳の一年が、素敵な年でありますように。
あ、やっぱし、『スキマスイッチ』カテゴリ、作りますから♪

そして。
よゐこ・有野さん、いや・・・有野課長!
35歳、おめでとうございます

去年は『パル○ナの鏡』の挑戦中で、AD浦川くんやAP東島くんや笹野Dに祝って貰ってましたけど、今年はどうだったんでしょ。
私の大好きな「ゲームセンターCX」は、有野課長のツッコミとぼやきと、ゲームの神様に愛されてるとしか思えないような運の良さで、持っております。
有野課長でなくては成立しない番組ですから、35歳には辛い挑戦もあるかと思いますけども、これからも頑張ってくださいませ♪
第7シーズン、楽しみに待っておりますからね~!

更にもう一人。
う~んと、ここではその人の話は書かないし、その人はここを絶対に読んでいるはずはないのですけど・・・私にとって、ホントにホントに大事な人。
お誕生日おめでとうございます
大好きですよ~!
関連記事
23:58 日記 | コメント(0)

あんそろじー

2007/02/24
ちょっと前にミステリーアンソロジーを1冊読んで、2冊目に突入。
アンソロジーは滅多に読まないんだけど、編者が好きだったことと、今まで読む機会のなかった作家の作品にもたまには触れてみようかな?と思ったから、読んでみた。

一つ一つの作品のボリュームは大したことないから、すぐに読み終わるかと思ってたのに、これが思ってたよりも大変な作業。
見くびってたわー。
全体として同じページ数くらいの長編を読むよりも、よっぽど時間が掛かってしまった。

作家毎に微妙な文体の違いがあるし、なんたって一作品ごとに登場人物やら設定やらを、頭の中で整理してイメージしなきゃいけないのが・・・。
この作業、結構しんどい。海外作品となると尚更しんどい。
結局、「あ、この人の他の作品も読んでみたい」と思ったのが、あったような、なかったような・・・・微妙な感じ(笑)
まぁ、普段読まないようなノワールやらホラーテイストのものもあったりして、それはそれで楽しかったのだけど。

で・・・そんな風にして、2冊目の途中で短編を読むことにちょっと疲れたので、長編が読みたくなって、しばらく前から本棚で熟成されてた長編に手をつけたトコロ☆
関連記事
12:35 日記 | コメント(2)

ついて来~い!!

2007/02/22
昨日の夜は、「ゲームセンターCX」第6シーズンの最終回。
エンディングロールが、いかにも“終わり”な感じを醸し出していたので、少々不安ではあるのだけど・・・第7シーズンもあると信じてる(信じたい!)ので、しばしのお別れ。

で、その前に・・・遅くなったけども、#43。
今回、有野課長が挑戦したソフトは、『セプテ○トリオン』
このソフト、以前から挑戦候補には入ってたものの、権利がなかなか取れなくて実現しなかったヤツだそうで、今回ようやく。
タイタニック号を思わせる転覆した豪華客船から、脱出するべく、広大なMAPを進んでいくゲーム・・・ですかね。

一応、60分以内に脱出せよというタイムリミットもあって、途中で高いトコから落ちたりしてダメージを受けると、残り時間が5分減るというシステムなので、あんまり失敗も出来ず。
転覆してるので上下がよく分からないし、時間とともに船が更に傾いたりして、見てるこっちが酔いそうだ・・・。
案の定、有野課長も酔ってたし(笑)

このゲームは敵が出てくる訳でもなくて、派手なアクションもなくて、とにかく迷路のようなMAPを進むのがメイン。
それに船が沈没の危機に瀕しているので、画面も地味・・・。

迷路のような船内で迷いつつも、二度目のチャレンジでどうにか脱出。
エンディング画面を出して、「昼飯前に終わりました!やった!」と喜ぶ課長♪
が、そうは問屋が卸さず、ここでイノコMAX登場(そっか、今日も浦川くんは出て来ないのね。諦めてはいたけどもさ・・・)
プレイヤー一人で脱出した場合は、バッドエンディングになるので、途中で出会った人たち何人かと、一緒に脱出しないとダメなのだとか。
これにより、ゲームの難易度が一気にUP。

生存者に出会い、会話して、課長の操るキャラがリーダーとなり、出口まで誘導しなくちゃいけない訳ですが・・・連れて行こうとするキャラが、ことごとく言うことを聞かず、「何してんねん~!」とツッコみまくりの課長。
「課長ってば大変そう~」とは思うけども、見てるこっちとしては、世話の焼ける幼稚園児みたいなキャラの動作が、かなり可笑しい。
何でそんなトコでジャンプしてるのさ?、みたいな。
で、課長、「もう~」やら「はしゃぐな!」やら、ぼやくぼやく。

途中で、イノコMAXがアフレコしたりする場面も。
以前、AP東島くんがやった、アイリーン・ルーを思い出して可笑しかった。棒読みが凄かった東島くんよりは上手いとは思ったけど、イノコも相当だった気が・・・(笑)
ま、課長には、かなり褒められてたけど。

今回は、地味なゲームだったおかげで、有野課長のナイスな一言が効果的。
「逃げろ~!」とか「撃て~!」などと手に汗握らなくても、それはそれで非常に面白い回に仕上がったのでした。
最終的にグッドエンディングは出せなかったものの、一応エンディングは出した、と言うことで、課長権限により「勝ち」(いいのか?それで・・・笑)
課長。 世話の焼ける子達の引率、お疲れした♪
関連記事
16:19 ゲームセンターCX | コメント(0)

「サウスポー」で一時間

2007/02/20
「上田ちゃんネル」#12は、前回の上田さんの予告通り、ボクシングがテーマ。
一時間眠くならずに私のテンション持つかな?と、少々不安もあったものの、『サウスポー』というテーマは意外に興味深く、「なるほどなるほど、ふむふむ・・・」と、結構食いついてしまいました(笑)

今回もボリュームが多いので、私のツボのみちょろっと。

ゲストが、いつものお三方(イマオカボクシングジム会長・今岡さん、斉藤チーフトレーナー、ライターの渋谷さん)に加えて、第32代OPBF東洋太平洋フェザー級チャンピオンで、現在は大橋ボクシングジム・チーフトレーナーの松本好二さん。
で、松本さん自身サウスポーで、1995年に今岡さんと試合をなさっていたと・・・(まぁ、ボクシングファンには常識なのでしょうけど、私は知らないので、「へぇ、そうなんだ!」と、新しい知識に喜びを感じるのでした。)
松本さんてば若く見えるけど、第34代チャンピオンだという今岡さんよりキャリアが上なのね。

話題は、サウスポーとオーソドックスの試合での特徴いくつか。
サウスポーのメリットは、距離をとるボクサー型の場合で出てくると。接近戦での打ち合いになると、そのメリットはなくなるとか。
「ほほぅ、なるほど・・・」と、私のボクシング知識の源(全てとも言う)である、マンガ「はじめの一歩」の場面を色々思い出しながら聞く。

サウスポーとの対戦でのポジショニングは、出来る限り相手の左側へ。
効果音が「ババン!」と流れて、こういうポイントを教えてくれるので、「そっか、サウスポーとやる時は左ね!」と、私にはサウスポーと対戦することなどあるはずないのに、条件反射でついつい「よし、覚えとこ」などと思ってしまう自分が面白い。
左のジャブの代わりに右ストレートを、軽く『右のジャブ』として使う。なるほど!

私は、サウスポーの選手というのは、元々実生活で左利きの人だけがなるものだと思ってたんだけど、松本さんは右利きだというし、他にもそういう選手がいるということに驚いた。
利き腕じゃないのに、それでチャンピオンになれるって凄いな!と、感心することしきり。
昔は「サウスポーは卑怯者の戦法」と言われて、矯正したような時代もあったほどだという話も聞くと、なおさら興味深い。
う~ん、サウスポーの試合、ちょっと見てみたくなったぞ。

自分の選ぶ、『サウスポーの名手・ベスト3』
そっか、具志堅さんて「左」だったのね・・・。

松本さんてば、渋谷さんも名前を挙げていたハグラーを書いてるくせに、説明の時に「そんなに(皆が言うほど)・・・ビデオを見てると、『なんでそんなに強いのかな?』とも思うんですけど」などと。
で、それを聞いた上田さんが、「いいや! ハグラーは凄いですよね♪」と渋谷さんに同意を求めるのが、わがままな子供みたいで可笑しい。
松本さんが「今のミドル級の選手の方が・・・」と、更に続けて来るので、「ハグラーが強いです!」と、上田さん再反論。
しまいには、「じゃあ、書かなきゃいいじゃないですか!!」・・・(笑)

いつものようにディープなボクシングの世界。
相変わらず、知らない選手の名前がバンバン出てきたけど、大丈夫です。
今回も、ちゃんとついて行きました!!
関連記事
11:20 くりぃむしちゅー関連 | コメント(2)

昨日は、何人見たのやら?

2007/02/19
いや~、今年の「R-1ぐらんぷり」も無事に終わったー。
楽しみにしてはいたものの、他にも色々心動かされることが多くて、いつの間にかその日になってて、「え?今日だったっけ?」と驚いたという、情けない私ではあったけど(笑)

正直、優勝は徳井さんだろうと予想してた。
ネタを見て、やっぱり優勝だろうなぁと思ってたのに・・・まさか同点とは。

もちろん、優勝したなだぎさんも面白かった。
ただ、会場の反応から、彼の時はホーム感がすごく伝わって来た。
普段からなだぎさんを見る機会が多いだろうし、あのネタ(キャラ)も見たことある人が多いのかもしれない。

個人的には、今回の出場者の中では、やまもとまさみさんを応援してたんだけどな☆
控え室が映ってた時に、なんでやまもとさんの姿がないんかな?と思ってたら、あのネタだったからなのね。そりゃ、あの顔じゃ事前に映るわけには行かないですわよね・・・納得(笑)
結構好きなネタで、うちの息子くんもかなり笑ってた。
ちなみに私が一番好きなのは、オネエっぽい喫茶店(だったかな?)のマスターのネタなんだけど。「お笑いホープ大賞」で見た時、息子くんと二人で爆笑した覚えがあるです。

でも、この番組、採点方法がスッキリしない。
M-1みたいに全て公開してくれればいいのに。
今回は徳井さんとなだぎさんが同点だったから、尚更そう思う。
たとえ、結果的に同点だったとしても、それぞれの点数を見せてくれれば、最初の時点で徳井さんを高く評価した人・なだぎさんを高く評価した人が分かって、もう少し納得の行く結末だと思うけどね。
同じ点をつけてた人もいるかもしれないけど、5人揃って同点、なんて事はあり得ないだろうし。

・・・とは言え、なだぎさんの優勝を祝う気持ちに変わりはないです。
おめでとうございます


その後、夜には「爆笑レッドカーペット」を。
結局、芸人さん何人出たんだっけ?と分からなくなるくらい、たくさん出てたなー。
その中でも、今回私のツボだったのは、ハイキングウォーキングと、にしおかすみこさん。
しょーもない(褒めてます!)スーパーイリュージョン、大好きで。
コーラをちょっとだけ残すトコがすごく好き。
にしおかすみこさんも、女王様キャラネタやってんのに、不安そうな目をしてるというか、女王様になりきれてないトコが可愛くて面白い♪

で、どうでもいい話ですけど・・・。
ワタシ、にしおかすみこさんのマネ、激似です(笑)
関連記事
14:58 テレビいろいろ | コメント(8)

悟りの境地にはまだまだ遠い

2007/02/18
昨日はアンジャッシュのDVD発売イベント。
行きたかったけどねぇ。今回は無理だった。
とりあえず、デイリースポーツの記事でイベントの写真とインタビューをちょこっと見て。

この前の「白黒」も、久しぶりに何とか行けそうな時間だったけど、
結局外れたので行けず・・・モヤモヤ。
立て続けのこの状況、地方ゆえ仕方ないと分かっちゃいつつも、やっぱりいつものように少々凹んで自己嫌悪。

あ~、もう~、ぐれてやる~!!(駄々っ子だ・・・笑)
何もかもがバカバカしくなって、イヤになる~!!
幾つになったら、ニッコリ笑っていられるようになるんかな。

こんな時は。
少しでも気分を変えるために、スキマのPVとライブ映像見よっと。
それに、今日はBS-iで、スキマ出演の「オーガスタキャンプ'06」があるしね。
可愛い大橋くん見て癒されることにする!
関連記事
12:30 日記 | コメント(0)

古いかさぶた

2007/02/16
冬のドラマも中盤・・・。
最初から見てないヤツあり、挫折したヤツありで、私が見てるのは「わるいやつら」と「華麗なる一族」と「花より男子2」の、計3本に落ち着いた。

で、巷で評判が良いらしい、「ハケンの品格」
これ・・・私、挫折しました。
3話目くらいまでは見たんだったかな。
「あり得なさそう」と思う場面が幾つもあったけど、まぁそれはそれとして、別にいいかと思ってて。
ただ、ストーリーと全く関係ないトコで、どうしても私には受け入れられないことがあったのですよね。

それは、篠原さんが大泉さんのことを『くるくるパーマ』と呼ぶこと。
大泉さんも彼女のことを『とっくり』と呼ぶし、『とっくり』と同等の彼の大きな特徴なのだけど。

この言葉、天パだった私が、小学生の頃男の子に何度も言われた、大嫌いな言葉。
あの頃からもう二十年以上経ってるし、「むか~し、髪の事でいろいろと男の子に言われたなー」なんて時々思い出しても、それなりに平気だったんだけど、『くるくるパーマ』という言葉を聞いた瞬間、一気にフラッシュバックした。
ずっとずっと心の奥の奥に眠らせて、そんな傷はないと思ってたのに。
かさぶたになって、残ってた。

「とっくりは自分でどうとでも出来るけど、天パはどうしようもないじゃんかよ~」と。
今でこそ、縮毛矯正などという技術があるけど。

・・・ということで、予期せずワタシのかさぶたを剥がしたこのドラマ、嫌いです。
関連記事
17:15 日記 | コメント(2)

ハンバーグ師匠~!!

2007/02/15
一時期、迷走してた気がする「笑金」だけど、ここのところ『奇跡の写メ』と『ボケモン』のコーナーとで大分落ち着いた感じ。

で、偶然生まれたスピワ・井戸田さんのキャラ、“ハンバーグ師匠”が、もの凄く私のツボでして。
“ハンバーグ”というとても親しみやすい響きを持つ言葉と、“師匠”という一般人の普段の生活に余り関係のない言葉がくっついちゃうトコが良いのだ♪
(まぁ、勝手に“師匠”という言葉を使ったのは、有田さんだけど)

そして、ハンバーグ師匠の繰り出す、心の中で「くだらねぇ!」とついツッコみたくなるようなバカバカしいギャグが、可笑しくて可笑しくて。
アンジャッシュのように繊細に練られたネタも大好きだけど、こういうタイプのネタも大好きで、たまに見ると物凄くウケる! ダンディさんとか、ますおか・岡田さんに通じるものがあるですね。
こういうのは、ハマらない時は本当にクスリとも笑えないんだけど、一旦スイッチが入ると、もうヒーヒー言いながら笑っちゃう。

んで、見事にスイッチが入ってしまって、私も息子くんも一緒にお腹抱えて、ゲラゲラ(ケラケラではない)笑っておりました。ダンナさんは横で、「君たち、笑い過ぎじゃないの?」という感じで、半ば呆れながら私たちのことを見てたけど(笑)
井戸田さんは、前回のことを「滑ってた」と言ってたけど、あの時もお腹痛くなるくらい笑ってましたよ、ワタシ。

なので、しっかりとネタにしてきた今回は、ウエスタン調の格好といい、選ばれる前に言ってた「鉄板、かなり熱くなってますよ」という言葉といい、ネタの中での『ハンバーグジョーク』と『ハンバーグ川柳』・・・何じゃそりゃ!とツッコミどころ満載で、可笑しくて堪らないのですよん。
んで、そんなハンバーグ師匠を見て、上田さんと有田さんが私と同じように笑っちゃってるのを見て、更に楽しくなれるから幸せなのだ♪
関連記事
16:05 テレビいろいろ | コメント(4)

空創しながら、お留守番

2007/02/13
3連休最終日の昨日は、この前ダンナさんが、息子くんに中古ゲームソフトを買ってやる約束をしてしまったので、二人して中古ソフト屋巡り。
一緒に行くかと聞かれたけども、何ヶ所も回ることになるだろうし、私のお目当てのものがある訳でもなし・・・丁重にお断り(笑)
2時間以上も出かけてて、帰って来たトコで聞いてみたら、「7ヶ所行った」とか。
あぁ、行かなくて良かった~!

で、そんな私は何してたかと言うと、前日に録画した
「スキマスイッチ TOUR'06 空創トリップ」を鑑賞。
去年のツアーのヤツですねー。
これ、前にTBSチャンネルで放送したと思うんだけど、その頃はまだファンではなかったので、観てなくて。来月またTBSチャンネルで放送予定があるものの、30日だし・・・それまで待つのは嫌なので、とりあえず前日BS-でやってくれたのをゲット。

でも、BSデジタル・・・コピーワンスなのよね。
このシステム、本当に煩わしくて大嫌い。
自分で好きなように編集して楽しみたいだけなのに、
一回こっきりしかDVDに焼けないって・・・どうよ?
まぁ、来月TBSチャンネルのを録画し直すけど。
曲毎にチャプター付けたりするのを、も一回やるかと思うと、面倒くさいなぁ。

話がずれたけど、肝心の「空創トリップ」
これは、メチャメチャ良かった!
大橋くんの心地よい歌声は◎だし(さすがスター!・・・笑)、シンタくんの鍵盤も素晴らしいし、時折映る映像も凝ってるし、照明も効果的。
このライブを「番組」として仕上げた、映像や編集のクオリティも素晴らしいなぁと思った。

この頃の大橋くんは茶髪なのねぇ。
私個人の好みで言えば、大橋くんは今みたいに黒い方が似合う♪
でも、この頃はこの頃で、メチャメチャ可愛い。
「可愛い」と言われるのはお嫌いのようだけど、可愛いものは可愛いんだから仕方ない(笑)

この番組の感想は、もう少し観てからまた別で書きたい。
やっぱし、『スキマスイッチ』カテゴリ作ろうかな・・・。
関連記事
15:36 スキマスイッチ関連 | コメント(0)

上田ちゃんネル・#11

2007/02/11
書きたい書きたいと思いつつ、いつの間にか溜まってしまってた「上田ちゃんネル」の感想。
気付けば、#9からUPしてなかったのねー。

#9も#10も書きかけではあるんだけど・・・
とりあえず、現在放送中の#11の感想だけ、軽くUPしとこ。

今回は海釣り・みかん狩り・露天風呂と続いたロケの最後。
お風呂に入った後でゆっくりと、『豪華海鮮で大宴会』な訳ですが☆

序盤は、マグロ尽くしの料理の美味しさに大興奮する二人が可愛い。
「今までマグロに尽くされたことなんか無いだろ」という上田さんの言葉に、「マグロのヤツに尽くしたことはあるけど」と、古坂さんの下ネタが・・・うわぁ(笑)
私は元々そんなにマグロ好きではないけど、あの兜焼きだけは、目玉の周りのプルプルのとこ、食べてみたいと思いましたね。
きっと、今まで私が食べたものとは別物なんだろな。
マグロ大好き男の、うちの息子くんにも食べさせてあげたいわ。

その後はそのまま料理食べつつ、いつものように二人でトークを進めて行くのかと思えば、ロケについて来ていた上田さんの後輩芸人・サードメン浜口くんが登場。
そして、ナンパの達人・浜口くんを講師にして始まった、『実践・ナンパ講座』
・・・何じゃそりゃ(笑)

古坂さんの「この番組の振り幅が分からない!」というツッコミがナイス。
あはは、確かに。
ま、この自由な感じが、この番組の良さそのものなのだ♪

で、浜口くんのナンパ術。
心理学の本も参考にしたり、積み重ねてきた経験から学んだコツを、熱く語る語る。そのボリュームたるや物凄いですよ。
上田さんたちも、「なるほど」とか「確かにな~」などと感心したり納得しながら、時に「その情熱をネタ作りに向けろ」みたいにツッコミながら、一生懸命に話聞いてるし!

私も「あぁ、確かにそういう風に来られたら、断りにくいだろうな」と、結構納得しながら聞いてる部分も多かったり。
「肉選んでるとこすいませんけど・・・」と、スーパーマーケットでのナンパも意外とアリ、っていうのが凄い。そんなトコでナンパするなんて、考えもつかないですもん。

お酒に誘って断られたら、「じゃあ、ファンタ。美味しいファンタの店知ってるんですよ」と切り返すという、軽いギャグがツボ。
「いやいや、ファンタはどこでも同じ味だし!」と笑いながらついツッコみたくなる、そのくだらなさが確かに効果的かもね。

んで、女性心理の観点からあれこれ説明してる浜口くんの姿を見てるうち、
私には、彼が渡部さんに見えて仕方なかった!!

時間が足りなくて、まだまだ教え足りないナンパ術があるようなので、この企画、またいつかやってくれるかな。
上田さんによれば、次回は久しぶりに『ボクシング』らしいけど。
あ、やっぱりまたやるんだ・・・(笑)
関連記事
12:24 くりぃむしちゅー関連 | コメント(2)

あぁ、華の47年組

2007/02/09
昨日放送された「アメトーーク!」
つっちーのプレゼンにより実現した、『華の47年組芸人』企画♪
我がアンジャッシュも入ってる訳で・・・
プレゼンしてくれてありがと、つっちー!! 大感謝っす。

とは言え・・・さすが華の47年組(笑)
人数多いし、キャラの濃いワッキーや日村さん、品川くんとかが前列に来ていて、アンジャッシュは後列だったので、あんまし目立ってた訳ではなかったのが残念だったのだけど。

「競争率が高い中、我々は勝ち残ってきた」という話の流れでは、アンジャッシュは『選ばれたハンサム』。はいはい、確かに。
この『選ばれたハンサム』には、児嶋さんもちゃんと含まれてたんだけど、児嶋さんは更に『選ばれたイチバン普通の人』とも言われ・・・。
否定するでもなく、児嶋さんてば大きく頷いてるし(笑)
も一つおまけに、『一番カジュアルな人』(また言われてる!)
まぁ・・・この辺の流れはオイシかった☆
途中の「保険じゃないすか?」という、児嶋さんの一言も◎

アンジャッシュのみに注目してると、若干物足りない感じではあるけども、私自身が彼らとそこそこ年齢が近いから、懐かしトークとかで「あぁ、そうそう」などと、番組自体が楽しかった♪
ワッキーがゼロになるとことかも、面白かったですよん。

まぁ、私も、彼らとは初めて好きになったアイドルとか、微妙に違うことは違うんだけど、その辺は全然許容範囲で。
それよりは、熊田曜子とか堀越のりちゃんたちが、キンキっていうのに、軽くショックを受けた。
つい最近じゃん・・・(そうは言っても10年なんだっけなー)

VTR見ながら「俺らが流行らせた!」とか、「(その頃のお笑い番組)全部見てる!」などと、声とポーズまで揃えて言ってたのにも大ウケ。
雨上がりの二人が言ってたように、私も全部見てたけど!(笑)
さらに、「宇宙刑事ギャバン」の主題歌を、みんなしてノリノリで歌う様子は、いい歳した大人がガンダム話で喜んでた姿と重なって、何とも楽しかったですよん。

それにしても、小学校時代を振り返ったトコまでで、既に収録時間が3時間て・・・どんだけ喋ってたんだ、あの人たちは(笑)
観覧行けてたら、さぞかし色んな話聞けて楽しかったろうなー。
で、中学時代の話は次回? やってくれるの?
やったね(≧▽≦)
テレ朝さま、ぜひぜひよろしくお願いいたします~
関連記事
11:17 アンジャッシュ関連 | コメント(2)

HDD容量確保作戦、実行中

2007/02/08
↓の日記で書いてた「亡国のイージス」、無事に見終わった~♪

大体の設定が分かってからは、一気に。
後半、バタバタと人が死んでいくので、切なかったけど。
こういうのを見ると、「正義とは」とか「平和とは」とか考えてしまうなー。
特に「正義」は、本当に難しい。
育った環境・経験・文化・宗教、いろんなものが絡んでくるから。
この映画の中ではやはり、出来る限り平和な解決を望み、最後まで「生きろ!」と強く願った真田さんが、イチバン私たちの考えに近いものなんだろうな。

で、この勢いに乗って(?)、同じくHDDに長いこと陣取ってた「逃亡者 木島丈一郎」を視聴。
前に放送した時見そびれてしまってて、秋頃に4夜連続だったかで、『踊る』シリーズを放送した時に録画したヤツをようやく。
ダンナさんも見るような事言ってたけど、あてにならないので勝手に見た。
そして・・・消した(笑)
だって、またもやダンナさんの映画予約が幾つも入ってるのを発見したんですもん。
私が一生懸命空けたトコに、次のをガンガン入れてくるの、止めてくんないかな。時々、自分が何のためにビデオ見てんのか分かんなくなるわ・・・。

で。
久しぶりの『踊る』の世界は楽しかった~☆
ぶっきらぼうだけど純な木島さんてば、可愛いじゃん(笑)
やっぱり『踊る』は良いなぁ。
よし!
この勢いで、「容疑者 室井慎次」に突入~。
関連記事
00:47 テレビいろいろ | コメント(4)

三者三様♪

2007/02/06
あれやこれやと、やらなきゃいけない事山積み・・。
ビデオもあっという間に溜まっちゃうし。

アンジャの番組もチャブの番組も、まだ見てないのがいっぱいあるのに、容量を空けるべく、随分前からHDDに陣取ってた映画「亡国のイージス」なんぞを鑑賞中。あはは。
小説読んでないし、知らない言葉も沢山出てくるし、人物と状況を把握するのにひーひー言いながらも頑張っとります。
明日で見終わるかな~(自信ナシ・・・)

そして。
とりあえず、「ゲームセンターCX」の単行本第3弾、無事にゲット。
今回は『有野の挑戦』を紙上で再現、というのではなくて、『たまゲー』のロケ収録に密着とか(それも、つい最近の分じゃん)、最北端ゲーム紀行の秘話とか。
他に、『ゲームセンターCX大百科』として、前に「コンティ○ュー」で読んだヤツの焼き直し。
だーかーらー、「カト○ン」の時の浦川くんは、諭されてないってば!

全く面白くなかった訳じゃないけど、ちょっと微妙な本ではあるわなー。
最後の漫画が、私としてはイチバン好み。
今までちょこっと聞いてたエピソードをまとめた感じではあるけど、読んでて何だかホンワカする。
特に、ロケハンで上手くプレイ出来てても、課長の横でいざ本番となると上手く行かないことも・・・というので、笹野D・AD浦川くん・イノコMAXの様子が、3コマ並べて書いてある箇所がツボ。
三者三様の姿と、有野課長のリアクションが面白いとです☆

あ、そうだ。
「たまげー」のバッティングセンター編で、オンエアされなかったけど、有野課長と浦川くんが対戦してた場面の写真があって。
「最近浦川くんの出番少ないんだから、オンエアせんかーい!!」と、少々荒れてしまったのでした、ワタシ。
見たかった~!!
関連記事
23:17 日記 | コメント(0)

とんち坊主、発見

2007/02/02
前回、『ファン感謝デー』で、物凄い盛り上がりを見せた「ゲームセンターCX」ですけども。
#42の挑戦は、ゆるいクイズゲーム♪
「あ~!」ってハラハラしながら見る回も好きだけど、こういう感じの、力を抜いて見られる回も大好きっす(≧▽≦)

今回の挑戦ソフトは、『ハ○ナ?の大冒険』
クイズに答えてノルマをこなしつつ、すごろくのようにステージを進んで行くゲームなのね。
パッと見、「ドラ○ンボール」をパクったような感じのソフト(笑)

以前の『クイズ 殿様の○望』に挑戦した回は、有野課長の助っ人として、AP東島くん・AD浦川くん・カメラマン阿部さんが参戦。
最近浦川くん出て来ないし、今回どうかな~?と期待半分・諦め半分。
・・・結局、浦川くん出ず。 あ、そうですか、やっぱしね。
今回もイノコで楽しむことにしよ。

お手つきを繰り返して、何度目かのゲームオーバー。最終ステージ7までは、まだまだ遠い道のり。
有野課長の呟きは相変わらず面白い。
けど、こういうソフトの場合は、課長と助っ人スタッフのやり取り含めてが楽しいので、早く出て来ないかなーとウズウズ。
で、やっとイノコMAX登場♪
イノコによれば、このゲームには、前回のようなコンティニュー数を増やすような技がないとか。
つまりは、課長&スタッフの実力勝負になる訳ね。
今回の助っ人は、イノコMAXとカメラマン阿部さん。懐かしの段ボールの手作りプレートを取り出すイノコ。
そして・・・特別に東島くん復活。お帰り~☆

挑戦前に、前回と同じく得意分野決め。
東島くんは、運送・アメリカ・歴史・映画・野球(“運送”というクイズの分野は、普通ないと思うんだけど。ぷぷ)
イノコは、とんち・なぞなぞ・歴史・スポーツ。
カメラマン阿部さんてば、車・バイク以外にグルメもイケるとは。

んで、イノコのとんちの実力がなかなか素晴らしくて、今まで隠れてた意外な才能に驚く課長(笑)
「チーン!」という効果音が妙に似合うし。
東島くんは相変わらず、自分で言うほど“歴史”の問題が得意じゃないトコが、なんか可笑しい。

ファイナルステージは、4人のボスとの連続対戦。
それぞれのボス戦の前に出された、相手のボスの様子に似てる、過去の有野課長の映像いくつか・・・これがまた可笑しい。
「あぁ、この画、前に見たわぁ」と、懐かしさに浸ったり。

まぁ、今回はスタッフの協力もあって、無事に挑戦クリア。
おめでとーございます、課長。
ファイナルステージはクレジットもなくなって、もうあんましお手つきも出来ないよ~と、少々心配もしたけども、概ねゆるく楽しめた、素敵な回でございました♪
関連記事
15:50 ゲームセンターCX | コメント(0)

ネタベストDVD・感想その1

2007/02/01
この前発売されたアンジャッシュのDVD、
「アンジャッシュ ネタベスト」見ましたよん♪

特に『ピーポーくん』(そっか、最後は伸ばすのか・・・)は、ホントに久しぶりに見られたネタだったので、嬉しかったなぁ。
私が見てたら息子くんもやって来て、隣で一緒にケラケラ。
息子くんは、先週の「エンタ~」での『銀行の防犯カメラ』ネタを見て、最後にぼそっと「つまんない・・・」と言ってただけに(この正直者!)、今回は一緒に笑ってくれて良かったな、と。
あのネタ、オチだけは面白かったけど。

以下、ネタバレありで。

>>続きを読む・・・
関連記事
10:36 アンジャッシュ関連 | コメント(5)
 | HOME |