04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

相変わらず、日テレっ子

2007/05/31
昨日は、『アンジャッシュが出る』という、それだけの理由で、陣内さんと藤原○香の披露宴を一応録画してチェック。
ただの列席者としてだけではなく、インタビュアーとしてご活躍。
アナウンサーでもないのに、そんな役をさせて貰える(?)ところは、さすが日テレっ子とでも言うべきかしら。
殆ど映らない芸人さんも多い中、ありがたかったです☆
まぁ、相手が中村玉緒さんとピーコさんという個性的な方々だったので、
何ともやりづらそうな感じではありましたが(笑)

二人とも格好良かったし♪
渡部さんぶろぐでも、楽しそうな写真があって何よりでした。


ただ・・・。
>>続きを読む・・・
関連記事
12:26 アンジャッシュ関連 | コメント(2)

「ラスベガス」なのに一時間

2007/05/29
「上田ちゃんネル」#19は・・・とうとう海外ロケ!
でもでも、何か企画ありきの海外ロケじゃなくて、あくまでもボクシング世界タイトルマッチ・『メイウェザー×デラ・ホーヤ』戦を、ラスベガスで直に観たいという、上田さんのプライベートに乗っかって・・・というトコが、すっごくこの番組らしい(笑)
瀬戸口Pやら、周りのスタッフさんもボクシング好きだからこそ、実現したのかなー。
で、上田さんだけじゃなくて、ほぼレギュラーの古坂さんも、ボクシングの知識を仕入れて、テンション高く参加。
古坂さんの方が、なんだか上田さんよりもワクワクしてる感じ☆
上田さんはほぼプライベートなせいか、キャップ被ってラフな格好してるので、またしても海砂利水魚風味・・・または上田兄風味が漂っておりましたねぇ。

いつでも出来そうな四谷とかでの収録は2本撮りだったりするのに、“ラスベガスなのに1本”つーのも、この番組っぽくて好き。
で、そういう部分を、上田さんたち自身が突っ込んでるトコも。

それにしても、いいなぁ・・・ラスベガス!
うちのダンナさんは行ったことあるのよねぇ。羨ましい。
カジノとかは別にやらなくていいけども、夜、お散歩しながら上田さんたちが見てたような、ショー(?)とかが見てみたいのだ。
流れる音楽を聴きながらああいうショーを見たら、感激屋のワタシは泣くな、きっと。

んで、肝心のボクシング。
前日の計量ですら、あれだけ会場が盛り上がれるなんて・・・凄い。
ただ体重を量るだけですよ!(笑)
観に来てる人たち、ホントに好きなんですねぇ

そして翌日の試合は、メイウェザーが勝った訳ですが。
試合後、『ラスベガスでボクシングを観る』という夢を叶えた上田さんが、「一つの恋が終わったみたいな・・・」と喩えて、気が抜けたようになるのは何となく分かるとして、何気に古坂さんまで燃え尽きたようになってるのが微笑ましかった♪
古坂さんが、『3日勉強しただけなのに、デラ・ホーヤが負けて、終わって5分くらい一言も喋れなくなった』という感覚、何となく分かるし。
(最近CSでダンナさんと息子くんが見てる「鋼の錬金○師」を、私も横でチラチラ見てて、この前ヒューズさんが死んだ時に、そんな感覚を味わったので。 ・・・ん?ちょっと違う?)

次回は、いつもの四谷で4本撮りだとか。
そういうトコ、やっぱり「上田ちゃんネル」らしいなぁ♪
関連記事
23:41 くりぃむしちゅー関連 | コメント(0)

行けなかったので。

2007/05/28
久しぶりの更新~。

土曜日のアンジャッシュのDVD発売記念イベント。
行かれた方々、お疲れ様です☆
私は、前にも書いた通り、行けなかったのですが。
日曜に学校関係の行事が控えていたので、体力を温存しとかなくちゃいけなくて。

そのおかげで、昨日は何とか一日持ちこたえられましたよ~。
それでも、10時前にすっかりヨレヨレ(情けない)
ネットしたい気持ちも眠気には勝てず、「イベントの様子が映るかもしれないし!」なんて思ってた朝のワイドショーの録画予約もすっかり忘れて、早々と寝ましたさ。
でも、きっと映ってなかったんだろうな。
ネットでスポーツ新聞の記事2つほど読んだら、「またか~い!」と言いたくなるような、相変わらずの恋愛絡みの記事になってたし。
まぁ・・・そんなもんだろうなぁ・・・とは、思ってはいたんだけど。

土曜日は時計を何度も見ながら、「イベント行ってたら、今頃は電車の中かなぁ」とか「今頃、ランチしてるかなぁ」とか、「あぁ、きっと今頃みんなは渡部さんたちと握手してんのねぇ」などと言いまくり。
半分は本気のぼやきで、半分はダンナさんへの悪戯♪
「何度も何度もうるさいな~!」と言われたけど、短気な私と違って心の広いヒトなので、そういうのも笑って許してくれるのだ。
んで、渡部さんたちの代わりに、「きゃ~(≧▽≦)」なんて言いながらダンナさんと握手するという、イベントごっこなんぞして、気を紛らわせておりました(アホな夫婦・・・)
関連記事
15:48 アンジャッシュ関連 | コメント(2)

渡部さんのぶろぐ。

2007/05/25
渡部さんのブログ・『わたべ歩き』が開設された~♪

食べ歩き記事がメインらしいけども、実はワタシ的には、あんまりそういうのには興味がなかったりします(すいません・・・)
もちろん、美味しいモノを食べてる渡部さんの写真とかは、見たい!

でも、私は他のグルメ番組とかでもそうなんだけど、お店を紹介されても「どうせ食べれないし」と、非常に現実的な思いを抱くので、そんなに楽しめないのだ。
その点、ダンナさんは私と違うんだよねぇ。
『メントレレストラン』とか、ラーメン屋さんなんかを紹介するような他の番組でも、「旨そう~」とか言って結構楽しんでるし・・・幸せな人だ(笑)
まぁ、地方ロケもあるだろうから、それなりに色々紹介してくれるとは思うけども。
でもやっぱり、グルメにはあんまり興味ない(しつこい)
・・・と言うことで、出来ればグルメ以外の記事が充実するといいな♪

あのブログ、コメントも書けるようになってるのね。
認証制のようなので、ひと安心。荒れるのはイヤだもの。
まぁ、ひっそりこっそりやってる小心者の私には、余程のことがない限り、とてもじゃないけど書く勇気はございませんが・・・。
でもでも、リンクだけはこっそり張っておこう(笑)
関連記事
10:52 アンジャッシュ関連 | コメント(2)

「幻夜」、読了

2007/05/24
東野圭吾さんの「幻夜」を読み終えました。

以下、微妙にネタバレありの感想。



「白夜行」の続編であるようなことが背表紙に書いてあったので、主人公の美冬が誰であるのかについて、悩むこともなく「あぁ、あの彼女なのか」と、すんなり読み進みました。

だから、長い長い文章の中で所々出てくる、彼女の正体を探るヒントの出し具合がホントに巧いなぁと、感心することしきり。
結局、彼女の本名は明かされないまま・・・。
もちろん、「彼女の正体が誰であるのか」という謎を抜きにしても、数々の事件を仕組む恐ろしさとその頭の良さ、どこまでもしたたかに生きていく彼女の生き様を読んでるのは興味深かった。
怖すぎる・・・あのヒト。

結果的に彼女に操られている、雅也の心情に共感できる部分もあったため、私は「白夜行」よりも「幻夜」の方が好きかもしれない。
タイトルである「幻夜」の意味が分かった時は、辛かったなー。
それに、どうにか彼女を追い詰めて欲しいと、加藤刑事に期待してたんだけど、
「加藤よ、お前もか!」だったし(切ない・・・)

今回も、読みながら「演じるとしたら誰かなぁ」などと、俳優さんをイメージしてました。
雅也は「白夜行」でも演じてた、山田孝之くんがピッタリ♪
加藤刑事は、私の中のイメージでは、仲村トオルさん(または佐藤浩市さん)辺りがしっくり来るんじゃないかと。

でもでも、美冬は難しい!
あれだけのヒトを演じるのは、相当の女優さんじゃないと・・・。
関連記事
23:45 読んだ本 | コメント(0)

アンジャッシュ@「歌うま」2回目

2007/05/23
火曜の「お笑い芸人 歌がうまい王座決定戦SP」に、アンジャッシュ出演♪
前回出た時に、この一回だけで終わるかな?と思ってたけども、またまた出させて頂いて、ありがたいっす。

でもでも今回は2回目ということもあったし、歌う曲が「純恋歌」つーことで、前にウタワラでちょっとだけ聞いたからなぁ・・・と思って、テンションは2月の時ほど高くはなかったのですが。
どうせなら、「おぉ、そんな曲を選ぶとは!」なんて思える曲が聴きたかったかも。
(贅沢な言い分だとは分かっておりますよ、はい)
“次回”があれば、ぜひそんな歌をよろしくお願いいたします

それでも、渡部さんてば、悲願の(?)一回戦突破!素晴らしいっす☆
採点の時だけは、さすがにテンションも上がりましたよ。

児嶋さんの「乾杯」も上手でしたよー。
もしかして勝てるんじゃないの?なんて、思ったんだけどねぇ・・・。
まぁ、歌う前の「あぁ、バレちゃった」が物凄く可愛らしかったから、負けはしたけど、それだけで充分楽しかったのだ。

自分の中であまり興味のない芸人さんが歌ってる時には、上田さんが口ずさんだりしてる姿とか、ひな壇が映ると嬉しい。
「あ、また小沢さんが渡部さんに耳打ちしてる~」とか。
だけど、渡部さんたちが歌ってる時にそれをやられると、「そっちなんていいから、アンジャッシュを映さんか~い!」と、ついつい思う。
うーん・・・人間とは何て勝手な生き物なのかしら(笑)
関連記事
11:41 アンジャッシュ関連 | コメント(2)

エレキコミック@パドック

2007/05/21
久々に、エレキコミック見て来ました♪
競馬場のイベントで。

お昼頃に、オークスの予想会みたいなのにも出るという話だったけど、馬券を買う気はなかったし、時間的にも間に合わなそうだったので、それは諦め、全レース終了後にパドックでやるというライブ(?)のみをお目当てにして、いざ競馬場へ。
競馬場なんぞに足を踏み入れたのは、10年ぶりくらい。
建物も綺麗になってて、前に行った時よりも、かな~りお洒落な感じに仕上がってた。
まぁ・・・中に入ったら、雰囲気はあまり変わってなかったけど(笑)

そもそもパドックでお笑いライブって、特設ステージか何か作って芝の中に人を入れんのかな?とか、馬を見る時みたいにあくまでも周りから見るのかな?とか、全然分からんかった。
結局は後者で、柵の周りで見る形式。

エレキは、だだっ広い芝の真ん中で二人きり!!
二人の間も微妙に距離が開いてるし、私たち観客とも微妙な間隔が開いてるし、外は冬に戻ったかと思う程やたら寒いし、レース後だし・・・で、お客さんの数も微妙な感じで、「何なんだ、この状況は!」とか「全然ウケる気がしない!」と言ってた(笑)
確かにね~。
でもでも、そういう状況に若干戸惑いつつも、エレキ自身がその状況を楽しんでる風でもあったので、しっかり笑いに繋げてた。
そういうトコは、舞台でお客さんを相手にしてる数がいかに多いか、そしてそこから来る余裕・・・と言うか、懐の深さ・振り幅の広さ・舞台度胸みたいなものを感じさせられる。
(この点に関しては、ぜひ、某コント職人も見習って欲しいのだ)

サイン入りのエレキの本(非売品)が5冊あるという事で、みんなでジャンケンを。
はいはい、私はあっさり負けましたとも(笑)

で、最後にコント一本。ネタは『銭湯』
このネタ、私はずっと昔に一回見た事があるくらいで、どんなコントだったかも全然覚えてなかったので、どれが元々のボケでどれがアドリブなんだかも全然分かんなくて新鮮で、ケラケラ笑いっぱなし。
「せっかくだだっ広いパドックなんだから、思いっきり広く使おう!」って、やっつんとだっつんが横に離れる離れる!
やっつんのボケ見ようとすると、だっつんが全然見れないんだけど~!と、心の中でツッコミながらも、そんな遊び心のある二人がとても楽しい。
やっつんが引き戸を開ける仕草をするトコでちょうど、違う競馬場のレースを知らせるファンファーレが聞こえてくるというハプニングがあったり。
で、それすらも、「このボケに対する(賞賛の)ファンファーレか?」みたいな感じで笑いにして、まさに“ライブ”ならではの面白さ。

「競馬しないくせに、わずか20分程度のエレキの出番の為だけに行くの?」と、息子くんやダンナさんにも呆れられたけど、やっぱし行って良かったと心から思いましたよん♪
関連記事
11:33 日記 | コメント(0)

予想通り・・・「名人」

2007/05/20
「ゲームセンターCX」#46・・・ワタシのお気に入り・AD浦川くんもイノコMAXもいなくなって、「今日は出て来るかなー?」とか「出て来るとしたら、どの辺かなー?」などというワクワク感を失っての視聴。
まぁ、あくまでも、メインが“有野の”挑戦だから、仕方ないっちゃ仕方ないけど。
で、ここ最近は、必ず水曜夜の初回放送を見てたんだけども、今回は翌日、息子くんが見てる時に、横で家事しながら一緒に。
この番組を見始めた頃の方式に戻りました。

それに挑戦ソフトが、以前にやった『ロック○ン2』の続編・・・ではなく、なぜか1作目の『ロック○ン』だったので、画面もステージ構成も2の時とそんなに変わってないだろうから、それ程一生懸命に見ることもないかなと思ったし。
案の定、前に見たような画面だった(笑)
でも、期待することなく見てたせいか、それなりに面白かったのだ♪

今回、ツボだったのは、新AD・高橋さんにあだ名付けてたトコ。
学生時代は『さっちゃん』と呼ばれてたらしいけども、イノコMAXの後では、なんとも可愛らしくて普通過ぎるので、違うものにすることに。
で、課長から提案されたニックネームは、『名人』
やっぱしー。予想通りだ・・・(笑)

んで、課長に「高橋名人って知ってる?」と聞かれての答えが、
「冒険した人ですよね」って・・・(笑)
いやまぁ、確かに、『高橋名人の冒険島』なるソフトに挑戦したけど。
それを聞いた課長が「冒険したわけではないねんな」と、
苦笑してるさまが、また何とも可笑しかったのです☆
関連記事
00:15 ゲームセンターCX | コメント(0)

スキマ@「J-ポップ」

2007/05/18
水曜深夜、BS2で放送された「J-ポップ」に、スキマスイッチが出てた訳ですが♪
この番組は見たこと無かったので、どんなコーナーで出るのかが、さっぱり予想できなかったんだけども、明日深夜にNHK総合で放送される「ボクらの夕風トラベル」と、「スペシャルライブ」の予告編のような感じだった。

今回のツアーに密着してて、大橋くんは鳥取、シンタくんは長野での映像。
鳥取のライブはピンクスターじゃなかったのね・・・(笑)
大橋くんは、鳥取に父方の実家があるから、ちっちゃい頃は必ず夏休みに来てたとか。
子供の頃の写真、おめめがクリッとしてて可愛い☆
シンタくんの写真も、子供だから当たり前だけど、アフロじゃなかったのが新鮮(笑)

ほんの少しだけ映った、『全力少年』のイントロで「鳥取ー!」と叫ぶ大橋くんに、鳥取県民じゃない私でも、ついつい一緒に手を挙げて、画面越しで反応してしまえるトコが楽しい。

今日はBShiでライブの放送があるんだけど、我が家では映らないので、一週間お預け。
放送時間はどちらも1時間半だから、多分内容は一緒なんだろうな(つーか、違ってたら困る)
でもでも、1時間半は短いですぞ。もっと見たいのに。

あ、そういや、大橋くんが購入したと言ってた「ビリーズブートキャンプ」のCM、
この前ようやく遭遇しました(・・・遅っ)
シンタくんが「こんな感じでしょ」と、ポーズしてた通りの運動してて、「あ、これかぁ!」と感激いたしましたよ。
でも、実際の運動は、シンタくんがやってたよりも相当スピーディで驚いたけど。
確かに、あれはキツそう・・・。
関連記事
11:20 スキマスイッチ関連 | コメント(0)

お幾らかしら・・・?

2007/05/17
昨日のアンジャッシュ出演、「今田ハウジング」

スタジオのひな壇にいなかったから、今日は出ないん?と思ったけども・・・出た。
今回はリフォームだったし、ビミョーに我が家と状況が似てたので(笑)、それなりに楽しかった。
物件探しよりも、こっちの方が好みだな。
それに、子供たちに無視される児嶋さんと、フォーム後の家具を入れる前のリビングで、日時計やら社交ダンスをする二人のバカバカしさが、なかなか楽しかったし。
私の期待値の低いこういう番組は、ちょっとしたギャグでも楽しめます。

それにしても、あのリフォーム、いいなぁ。
うちもアイランド型か、Ⅱ型のキッチンにリフォームしたい・・・。
何人かで広く使えるヤツ。
そしたら、息子くんにガンガン手伝わせてやるのだ~♪

でも、あれだけの大工事、費用は一体いくらかかったんだか。
壁壊して、水周りを移動させて、沢山の収納場所・・・相当凄い額になるハズ。
一般庶民のワタシには、到底無理だな
関連記事
15:13 アンジャッシュ関連 | コメント(0)

買います、買います。

2007/05/16
スキマの公式HPのトップが更新されて、7月11日発売の新曲「マリンスノウ」の情報も出てた☆

この前の大橋くんの誕生日に誓った通り、買いますとも!
ちゃんとDVD付きのヤツね。
PVだけなら、CSでどうにか見れるんだろうけど。
おまけの映像も見たいから・・・・・やっぱ、買うしかなーい!(笑)

トップの大橋くんの写真。 髪、長っ。
なんか、髪が長くてネクタイ締めてるあの様子、60年代辺りのフォークシンガーのように見えるんですけど・・・。
決して変じゃないけども、ワタシの好みではないなー。
その前の写真が大好きだっただけに尚更・・・。

とは言え、もう髪は切ったようなので、ロンゲなあの写真、それはそれで貴重♪
関連記事
15:50 スキマスイッチ関連 | コメント(0)

いい事です♪

2007/05/14
私も以前は時々書き込んだりもしたけど、ブログを始めてからはROMに徹してる、
アンジャッシュ公式BBS。
最近、地方での営業の際に、会場でDVDを買ってくれたファンの方に、サインしたり握手したり・・・という書き込みが時々見受けられるのが嬉しい。

前に私が行ったライブの時には、そんなの無くて。
その後、手紙を書いてみた。
「地方に住むファンは、ライブに行ける機会なんぞ滅多に無いんだから、そんな時にこそ、DVDを直接売ったり、(サインとまでは行かなくても)握手くらい出来る機会(または、それに近い何か)があったら、ファンはとても喜びます」と。
もちろん、警備上の問題や、勝手に写メを撮ってしまうなど心無い人がいたりするかも・・・とかいろんな事も考えられて、簡単には実現出来ないだろうな、ということは百も承知で。
実際その後も、地方ライブでそんな事をやったなどという話は、全然聞こえてこなかったし。

でも、ここ最近、少々違って来てるらしい。
「ネタベスト」や「白黒2」が、予想外に売れてないから仕方なく
・・・ってことでもないだろうけど(笑)

彼らが心の底から、「そうしたい」と思ってやってるのかどうかは知らないけども、やるとやらないじゃ大違いで、ファンにとっても嬉しいことだし、巡り巡って彼らにとっても、とてもプラスになる事だと思うのだ♪
関連記事
23:55 アンジャッシュ関連 | コメント(2)

「語り女たち」、読了

2007/05/12
少し前に文庫で出た、北村薫さんの「語り女たち」を読み終えました。
現実のようで、そうでないような不思議な短い物語が、全部で17話。

あっと言う間に読み終えそうな程に薄い本だったんだけど、北村さんの言葉が心地良くて、一行一行大事に読んでいったから、そこそこ時間がかかったです。

私が特に好きな話は、
『四角い世界』・『笑顔』・『海の上のボサノヴァ』・『あむばるわりあ』
『体』・『夏の日々』・『水虎』・『梅の木』
うーん・・・“特に”と言いつつ、約半分も(笑)
どの話も、自分が今まで経験してきた色々な幸せのかけらを、懐かしく思い出させてくれるのが好き。
それはストーリーそのものでもあるけど、どちらかと言うと私にとっては、その中の描写や、語られる人々の心の持ちように惹かれる部分が、かなり大きかったりします。

たとえば、『ラスク様』という作品。
ストーリーとしては、“特に”好きというまでは行かないんだけど、書き出しの一文。
「海原を旅して来た秋風の手が、もっといたいと駄々をこねる夏の頭を、撫で始める。」
痺れる!!
季節の変わり目を表す何気ない一文だけど、痺れる!
この一文を読めただけで幸せだし、そして、この一文に痺れるという感覚を持っていられたことに幸せを感じるというか・・・。
もちろん、この文を読んでもグッと来ない人は、全然来ないでしょう。
その代わり、私がそれ程惹かれなかった一文に、もの凄く痺れる人がいるんだろうな、と感じられるのが素敵。

北村さんの作品を読んでると、その間中ずっと、優しい風が頬を撫でていてくれるような、『あむばるわりあ』で語る女性のように、微熱にうかされるような、そんな幸福感を味わえる♪
この幸福感は何度読んでも色褪せることがないので、他の北村作品と同じように、必ず私はこの本を再び手に取ることでしょう。
関連記事
12:36 読んだ本 | コメント(2)

私は6まで。

2007/05/10
先日のアンジャッシュ出演、「女神のハテナ」
『現代の女性に羞恥心は残っているのか』を検証。

タイトルだけ聞けば、「ふむふむ、どれどれ・・・」などと言ってしまいそうだけど、実際の質問内容は、いかにも深夜な下のおハナシ。
やっぱし、アンジャッシュが出てなきゃ絶対見ないわ、これ。
まぁ、「しょーもな・・・」と思いながらも、感想を書いてる私も私だけど(笑)

あれはやっぱり、普通は6までかな。
それ以降は、女性モードなら言えません、ワタシ。
ただ、おかーさんモードだと、成人男性のじゃなくて子供のを指してることが多いから、7・8くらいは普通に言える。
我が家の場合は、「クレ○ンしんちゃん」の影響で、『ぞうさん』ですが。

こんな企画の感想、書かずに済まそうかとも思ったんだけど。
一つだけ、『質問内容は本当にしょーもないのに、アンジャッシュが検証すると、若干アカデミックに感じる!』と思ったので、それだけ書きたかった。
ノリノリの吉本芸人みたいな人たちが検証してたら、相手の女性ものせられて、つい7・8くらいまでは言えてしまいそうだけど、真面目な雰囲気漂うアンジャッシュが質問することで、多少マシな感じになったんではないかと。
それだけです、はい(笑)
関連記事
11:21 アンジャッシュ関連 | コメント(2)

祝☆スター誕生

2007/05/09
今日5月9日は、スキマスイッチ・大橋くんの誕生日
公式HPに書き込む勇気はないので、ここでひっそりお祝いをば。

 スター、29歳おめでとう~

スキマファンとしての私の歴史は、まだまだ浅いけど。
それでも、スキマスイッチの音楽に触れ、今こうして大橋くんの誕生日を祝っていられることは、とても幸せですよん。

これからもがっつり応援しますから、頑張って下さいませ♪
CDもちゃんと買うし、DVDも出たら買うし、アリーナツアーも、どうにかこうにか都合つけるべく頑張ります。

それまでは、とりあえずTVにて応援。
今月NHKで放送される番組で、ツアーの余韻に浸ります
関連記事
11:54 スキマスイッチ関連 | コメント(0)

『写真をFAX』@「エンタの神様」

2007/05/07
先週の「エンタの神様」に出演したアンジャッシュ。

映像ネタですよ・・・。
(なんかもう、この書き方をしてる段階で、今回のネタを私が面白いと思ったかどうかが、何となく分かりそうなもんですが・・・)

ケータイやらネットが普及した今、なんでわざわざFAXなのか、最初にその説明がなかったらスッと入れないよ、と思ってたけども、その辺はさすが(?)アンジャッシュ。
ちゃんと処理してくれたので、ひと安心。
でも、受信用紙が小さかったら、自動的に縮小したりはしないんかいな?などと、機械オンチの私は、少々疑問に思ってしまったのだけど。
まぁ、その辺は「きっと、しないんだな。うんうん」と、自己処理(笑)

で、用紙サイズが違うせいで、写真の一部分しか見られない・・・という状況ゆえに起きてしまった、『映像ネタ』ではあるんだけど、性格的には『勘違いネタ』。

何だろなー。
勘違いって、どうしても“下”に行きやすいのか!?
決して嫌いな訳じゃないけど、もうちょっと他の方向・展開もあればいいなぁなどと、思ったり。
とは言っても・・・私が一番ウケた台詞は、
渡部さんの「2秒」と、それに続く児嶋さんの「早いな!」だったんだけど(笑)
関連記事
10:48 アンジャッシュ関連 | コメント(2)

「プク~!」と「ハ~レルヤ!」

2007/05/05
何だかんだで、ゴールデンウィークももうすぐ終わり。
ウチは特に帰省する必要もないし、どうせ行くなら混雑を避けて・・・と思って、今年はさっさと旅行にも行ってしまったので、特に「ここ!」と目指して出かけることも無く、ダラダラと時間が過ぎて行っております。

溜まってたビデオを幾つか消化してるくらい。
(でも、まだまだ全然追いつかず・・・)

「時効警察」の第2話・第3話を、ようやく見終わった。
この第2話、私にとっては、もの凄い催眠作用がありまして・・・。
楽しく見てるのに、もの凄い眠気に何度も襲われて、途中で止めたり、日を変えたり、戻ったりと、結局、見終わるのに4日ほどかかりました(笑)
んで、続けて見た第3話は、なぜか一回でスッキリ見終わったので、「やるじゃん♪」と、(これが普通のことなのに)やたら嬉しくなったです。
プクーちゃん人形とか、その他のグッズも可愛かったなぁ。
かなり欲しいです、アレ。

あとは、「プロポーズ大作戦」を。
やっぱりこのドラマ、私好みで大好きだ~☆
自分の過去を変えるために頑張ってるはずなのに、自分の恋に徹し切れなくて、ライバルなのに、多田さんの為にアンケートを回してしまうシーン。
健のその優しさが、何だか切なくて(でも、嬉しくて)、不覚にもちょっとウルウル。
結局、健と礼は、多田さんの言ってた『決して交わらない曲線』の関係なのかも。
だけど・・・たとえ、礼と多田さんが結婚してしまう『今』を変えられなかったとしても、その時の健なら、きっと心から祝福できるんだろうな、と思うのですよね。

で、このドラマ、三上さん以外にも、担任教師役の松重さんが、かなりいい味を出しております。
第2話、購買で残り一つのコーヒー牛乳を買っちゃうし、やっとの思いで健が手に入れて来たコーヒー牛乳まで勝手に飲んじゃうシーンなんぞ、爆笑モノ♪
関連記事
13:04 テレビいろいろ | コメント(2)

しょぼ~ん。

2007/05/04
昨日(あ、もう一昨日か)放送になった、「ゲームセンターCX」#45。
第7シーズンの記念すべき初回っす。
無事に見終わりましたよー。

待ちに待ってた放送なので、私のテンションも上がってて、
「楽しかった~♪」などという感想を、予想されてる方もいるかと思いますが・・・。


違います。


思いっきり、違います。


何故かというと(放送を見た方ならお分かりかと思いますが)、ワタシのお気に入り・AD浦川くんが出なかったのです。
それに、なんとイノコMAXまでもが!

・・・と言うか、二人とも番組から卒業してた!!

そりゃあ、浦川くんは「百識」もやってるし、第3シーズンから出てる訳だから、そろそろ表に出てくる回数は殆ど無いかも知れないなぁとは思っておりました。
イノコにしたって、第5・第6シーズンと出てた訳だし、第7からは新ADさんが入って、イノコは先輩として、最終兵器的な登場の仕方になってもおかしくはないという気持ちもありましたよ。
(心の中では、やっぱりそれなりに成長してるはずだと思ってたらしい)

そして今回、予想通りに新ADさん(それも初の女性)登場。
もちろん、それはそれでいいんだけど。

だけど、エンドロールに浦川くんとイノコの名前が無~い!!
人事異動報告も何もなしに、こんな突然いなくなるなんて・・・
そんなのは想像してなかったですよ、ワタシ。

寂しいです。
ショボンです。
ピータン児嶋風に言えば、「ショボンで、ショボンで、ショボボボボ~ン」です。

有野課長の復帰は、もちろん嬉しいんですけど・・・。
今回の挑戦ソフトは『ウルトラセ○ン』で、#21だったかでやった『ウル○ラマン』と殆ど同じ感じだったので、挑戦そのものも、ワタシ的にはあまり盛り上がりもなく終わってしまった感が。

これから私は、何を楽しみにこの番組を見れば良いのか・・・。
以前と変わらず、新コーナーで登場してくれる、メルヘン岐部くんか!?
関連記事
00:40 ゲームセンターCX | コメント(0)

カテゴリが分けにくいです。

2007/05/02
今日は、私にとって大事なモノが二つ。

その1。
「白黒アンジャッシュ」DVD・第2弾、発売日
元々、行けないだろうなとは思ってはいたものの、「でもでも、もしかしたら、イベント行くかも・・・」と、詳細が発表されるまでは予約しなかったので(往生際の悪いヒト)、残念ながら今日はまだ手に入らないのだけどさ。
特典映像も楽しみだし、早く受け取りたい☆
でも、その前に少しでも追いつこうと、まだ見てないヤツをちょびちょび消化中。
・・・・・やっと今年分に突入しました(笑)


その2。
「ゲームセンターCX」第7シーズン、いよいよスタート♪
久しぶりに有野課長が復帰ですぞ。
AD浦川くんも、ぜひ登場を!(してくれないと、寂し過ぎです。ショボンです)
イノコMAXは成長してんのかしら?
うーん・・・してて欲しいような、欲しくないような(笑)
どうでもいい話だけど、「名探偵コ○ン」に最近登場して来たキャメル氏に、イノコの雰囲気がとても似てる気がするのは私だけ?(まぁ、ダンナさんたちに言ってみたけど、「えぇ?似てる~?」とバッサリだったので、きっと私だけなのでしょうけど・・・)

そうそう、たとえ今日の放送に浦川くんが出て来なかったとしても、こっちで昨日放送された「百識」で、浦川くんの姿を久々に拝見したので、今日の私はかなりホクホクしているのです。
『雷を手作りする業者の方』って・・・(笑)
髪が少し伸びて、色も黒に戻ってて、服装も以前より垢抜けた感じで素敵
地方ゆえ遅れて放送されたので、無事に見ることが出来ました。
教えてくれた35さん、ありがとです(≧▽≦)
浦川くんてば、イノッチにお礼を言われてしまいましたわね♪ うふふ。
関連記事
15:23 日記 | コメント(0)
 | HOME |