05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

おひさしイノコ

2007/06/30
「ゲームセンターCX」#49、見ましたよん♪
今回の挑戦についての感想は、(書ければ)また後で書くとして。

とりあえず、イノコMAXが久しぶりに助っ人として登場したのが、
メチャメチャ嬉しかったっす。
もちろん、私にとっては、浦川くんが出てくれた方がもっともっと嬉しいんだけど・・・・・元気そうなイノコの姿が久しぶりに見られただけでも良かったですよ、うんうん。

それと、前回の放送で言ってた『重大発表』って一体何だろな?と気になってたのだけど、ようやく分かった。
次回が放送50回ということで、記念に『たまゲーin韓国』とかやっちゃう、一時間韓国ロケスペシャルなのね(あ、ついでに、夏休みの『お台場冒険王』にも参加するとか。CSなのに凄いなぁ)

先週、「いきなり!黄金伝説」で、濱口くんが有野さんを無人島ロケに誘ったのを「6月は韓国ロケがあるから」って断ってたのを見てて、「あら、何の番組だろ?」と思ってたら、「ゲームセンターCX」だったとはねぇ。
まさか課長としてのお仕事で韓国だったなんて、想像もしてませんでしたよー。

とは言え、ワタシは韓国のゲーム事情なんぞ、全く興味ないので(すみませぬ)、50回記念にいつもと違う何かをするというのなら、歴代AD陣集合でゲーム大会が良かったなー!
関連記事
スポンサーサイト
00:38 ゲームセンターCX | コメント(2)

完走は4本

2007/06/28
最後2回分をまだ見てない「バンビ~ノ!」を含め、今期のドラマでワタシが完走したのは、「プロポーズ大作戦」・「帰ってきた時効警察」・「ライアーゲーム」の計4つ♪
「冗談じゃない!」と、「孤独の賭け」は挫折・・・

中でも一番好きだったのは、やっぱり「プロポーズ大作戦」
最後までこの軽いタイトルには馴染めなかったものの、中身は切なくて甘い、とってもワタシ好みのお話(ダンナさんは、こういうラブストーリーを見て「泣けたよ、良かったよ~」なんて言う私には、全く共感できないらしいけども、私自身は、こういう話が好きだと思える感覚を持ってて良かったな~と思うのだ)

一応書いとくと、以下、ネタバレありです。


私の予想では、結局過去は変わらずに多田先生と結婚するんだろうなと思ってたんだけども、意外にも違った(多田先生も礼に似合ってたと思うので、可哀相でちょいと辛かったけど)
もう・・・このドラマ、何度泣いたことか。
一話につき、最低でも2回はウルッと来てた。
ちょっと涙腺が緩み始めたトコで、主題歌のピアノの音が聞こえてきたら、もうダメ。
涙が一気にぶわ~っ!です。

最終回も良かった♪
未来を信じて『今』を踏み出した健が良かったのは言うまでもなく、「過去の自分があるからこそ今の自分がある」と言っていた礼が、「過去の自分は逃げてた」ことに気付いたことも、今まで健の前にしか現れなかった妖精が礼の前に姿を現したことも、礼に掛けた言葉も、そして未来の扉を開いた礼も・・・全てが好き。


「ライアーゲーム」は、確率や理論等、数学に弱いワタシには説明されてもスッと頭に入って来ない部分もあったものの、騙し騙されであっと言う間に形勢が逆転してしまう面白さが。
この状態から来週はどう逆転すんの?と、興味津々でしたから。
最終回なんぞは、ヨコヤもキノコも、「フッハッハ」と勝ち誇って笑ったり「くっそ~」なんて悔しがったり、まぁ何ともテンションの上がり下がりの激しいこと・・・役者さんも大変ねぇ、なんて思いも抱きながら見ておりました。

「帰ってきた時効警察」も、全体を通しては楽しかった。
まぁ、好みだったり、ちょっとやり過ぎじゃない?と思う部分が、回によって結構違ったのですが。
イチバン楽しかったのは、ともさかりえさんがゲストだった回♪


で、ドラマのストーリーとは、全く関係無しに・・・。

「プロポーズ大作戦」での平岡祐太くんのメガネ男子っぷりと、
「ライアーゲーム」での松田翔太くんの華麗な理論の展開っぷり、冷静な表情の中に時折見せる笑顔が、今期のナイスな萌えポイント。
関連記事
15:59 テレビいろいろ | コメント(2)

アンジャッシュ@「フレンドパーク2」

2007/06/26
とうとう出たー!
ずっと前から「出て欲しいなぁ」と思ってた、「東京フレンドパーク2」に、アンジャッシュが。

権威のある特別な番組という訳じゃないけども、ゴールデンタイムの番組なので、ある程度の認知度(またはTBSでの露出)が必要とされるし、ネタの素晴らしさには定評があるものの、バラエティでガンガン目立つ存在でもないし、出演までの道のりは長かった(しみじみ・・・)
でもでも、地道に頑張ってきた甲斐があったですねぇ。

どのアトラクションで、どんな活躍を見られるのかも本当に楽しみにしておりましたよ。
で、ワタシの期待を裏切らない、いや・・期待以上の楽しさでした♪
応援にのめり込んで、ジャンプや光のタイミングをついつい一緒にとってしまったりして、一つのアトラクションが終わる度に、私もドッと疲れてしまいましたが。
そんな私の様子を横で見てる、息子くんの視線の冷たいこと・・・(笑)

『ウォールクラッシュ』
渡部さんに向かって、「右手をずらせ!」と叫ぶ児嶋さんの声にウケる。その次の児嶋さん、高さはお見事なんだけど、今度は左にずらせという対照的なトコがナイス☆
ヤバイなぁと思ってたら、次の渡部さんのジャンプはお見事。
最後の児嶋さんのジャンプは・・・ご愛嬌(笑)

『ンゴボゴ』
これはお上手♪
真剣になると思わず口数が少なくなりがちだけど、それをフォローするかのように、ステージ3の洞窟で「コウモリいけない!」「火を避ける!」と声を揃えて言ってるのが、まるで渡辺さんが親鳥・アンジャッシュはその真似をするヒナ鳥のようで、可愛くて可笑しくて。
その後の、児嶋さんのパンチとキックも◎

『ストッパー キューブりッジ』
これは簡単そうに見えて、難しいゲームだわ。でも巧かった!
成功したのが史上二組目だとは・・・いやぁ、すごい。
一度目のチャレンジで行けたのは奇跡ですね。
最後も惜しかったー。
渡部さんの「二つちょうだい!」と、「ねぇ、誰か返事して」が可愛かった。それに対する児嶋さんの「お前、カッコ良かったよ」という、的外れな返事も大好きです。

『クイズ!ボディ&ブレイン』
自分の得意な分野からの問題からとは言え、パニくってなかなか答えが浮かんでこない事も多いのに、渡部さんよりもプレッシャーに弱そうな児嶋さんが想像以上に(失礼)活躍したのが凄い。
特に2問目・4つしかない答え全て、つーのを当てたのが偉い!
プロ雀士の話もできたし、渡部さんのライトセーバーの話も可笑しかったし、クリアした以外にも見せ場がちゃんとあって良かったっす。

『ハイパーホッケー』
グランドスラムをかけての挑戦だったのに・・・惜しかったな~。
あっという間に3点取られちゃって、マズいかなぁと思ったら、やっぱし。
ホンジャマカさん、ホント強いのよねぇ。

『ビッグチャレンジ』
渡部さん希望商品:ゴルフクラブ、ハウスクリーニング
児嶋さん希望商品:ハイビションレコーダー、寝具
そして、コンビでペア寝具・・・(笑)
視聴者からの葉書を見せられての渡部さん、「大丈夫ですよ」っていう天然なボケが、なんとも可愛らしい。


ハラハラしながら一緒に楽しめたし、いろいろと見せ場もあったし、
とっても上出来で楽しい初出場でした。
また呼んで頂いて、芸人初のグランドスラムをぜひ♪
関連記事
12:25 アンジャッシュ関連 | コメント(4)

久々に(?)ぼやいてみる。

2007/06/24
なんだか最近、ネットすることが前よりも楽しくなーい。
考えられる原因はいくつか。

前にも似たようなことは書いた気がするし、あくまでもワタシが感じたぼやきでしかないので、お暇な方・「ペコりんさんたら、またぼやいてる」と思っても許してくれる、心の広い方だけ続きをドゾ。
>>続きを読む・・・
関連記事
12:15 日記 | コメント(4)

教えて、上田さん!

2007/06/22
「上田ちゃんネル」#21、今回も上田さんと古坂さん・浜ロンさんの、バカバカしく且つ楽しいトークに大ウケ致しました♪

まずは『雑誌』がテーマ(おぉ、久しぶり)
いつも出てくる「女教師ツーウェイ」は、今回置いといて、最初に上田さんが選んだのは、「日本の妖怪の謎と不思議」という本。
上田さんは、妖怪にそれ程興味がないみたいだけど、古坂さんは食いついてたなー。

で、いつしか「こういう女は嫌い」というテーマで、熱いトークに発展。
上田さんが嫌いなのは、『急いでる女』
電車とかの時間に遅れそうな状況で、ハァハァ言いながら走ってるような女性を見ると、「この人とは無いわ~」と思うとか(ふむふむ・・・)
そもそも、もっと時間に余裕を持って用意すればいいし、そんなに見苦しく急ぐくらいなら、いっそ一本遅れろ!と。
でもでも、『鼻水たらして急ぐ、仲間由○恵』と『優雅に花を摘む、マッハ○朱』という、古坂さんが引っ張り出してきた強引な二択なら、迷わず仲間さんを選ぶそう(笑)
ただ単に名前の響きだけで、マッハさんを出してくる古坂さんが可笑しいなぁ。
まぁ、たとえ大好きな仲間さんや長○まさみちゃんだったとしても、出来るならそういう場面は見たくないらしいけど。

他にも、褒めた時に『そんなに褒められても、何も出ませんけど』と言うような女性が嫌いとか、古坂さん発・『ウケを狙うような女性』とか、みんなして「あ~!分かる分かる」みたいな感じで大盛り上がり。
そんな女性には「家族全部集めて燃やしてやる!」という、古坂さんの物騒な攻撃発言にもウケたけど、それに対する「信長か!」という上田さんも例えツッコミにも大ウケでしたよん。

それ以外にも、女性のムカつく発言はいろいろあるのに、すぐに思い浮かばないのでもどかしそうな上田さん。
浜ロンさん曰く、「ボクシングの時みたいに、ムカつく女性ベストテンやりますか?」
おぉ~、いいんじゃないでしょうか(パチパチ)
次回までに、いろんな発言・行動等を思い出して頂いて、ぜひ♪

んで、もうそろそろ時間・・・という頃になって、フィギュアの本を見つけて、いきなりテンションが上がる上田さん。
あぁ、そう言えば上田さんてば、「フィギュア好き」だって聞いたことがあったような・・・。
今後発売予定の『松田優作さんフィギュア』を発見して、「絶対買おう!」と大興奮(パラパラめくって、しまいには、笑いながらも何故か若干涙ぐむ上田さん・・・笑)

古坂さんも結構好きみたいだけど、私は浜ロンさんと同じようにさっぱり。
前々から、不思議に思ってたのですよね~。
男はフィギュアのどこがいいのか? 
決してバカにしてる訳でもなんでもなくて、いくら出来がいいとは言え、ただの「人形」がどうしてそんなにいいのか? 3万円のフィギュアを見て、「それだけの価値はある!」とどうしてそんな風に思えるのか?
それが、ただただ不思議で仕方ないっす。

「好きなものをコレクションしたい」という気持ちと、行動は理解できる。
実際、似たようなことを私だってやってるし。
でもでも、関連した本やビデオ等を購入したり、イベントに行くとかいうのは分かるけど、フィギュアを買う気には絶対ならないのだ。
うーん・・・。

古坂さんは、上田さんと一緒に「フィギュアいいよね♪」って盛り上がっちゃうから、そうでもない浜ロンさんに、「フィギュア(人形)の何がそんなにいいんですか?」と、ぜひもっと突っ込んで訊いて欲しかったなー。
せっかく上田さんが食いついたフィギュアの魅力、いつか機会があれば、番組内で教えて欲しいもんです。
関連記事
11:44 くりぃむしちゅー関連 | コメント(0)

熱いキメ台詞・・・(笑)

2007/06/20
ただ今、『テスト期間中に無性に掃除がしたくなる』のと同じような状態で、アンジャッシュや他の溜まってるビデオも見ようと思いつつ、他のことばっかやってるワタシ。
根が天邪鬼だから、しょっちゅうこんな感じ。

今月はテレ朝チャンネルにて、サスペンスの帝王(笑)・船越栄一郎さんの「火災調査官」シリーズを放送してるので、それを見るのが楽しい♪
ドラマ全体の流れが分かってるから安心して見ていられるし、たとえキャストを見て「あぁ、この人が犯人かな」くらいまで見当がついても、化学的トリックが分かんないので、「どうやったの?」と最後まで好奇心が引っ張られるし。
それに・・・水戸黄門の『この紋所が目に入らぬか』ばりのキメ台詞、
『○○、火元はお前だ!』もいい感じ(笑)

前に見たのも多いんだけど、たまたま見てなかった2話目、一時間ほど見たトコで「LOST」の録画に切り替わったので、犯人もトリックも分かんないままで、モヤモヤしとります。
来月あたり、また放送してくれるかな。
関連記事
16:25 テレビいろいろ | コメント(0)

敵?味方?

2007/06/20
「ゲームセンターCX」#48での有野課長は、洋ゲー・『アウターワー○ド』に挑戦。
一応(?)アクションアドベンチャーゲーム、ということらしい。

今回、印象的だったのは、画面やキャラのデザインそのもの。
ものすご~くぼやけた感じで、全ての輪郭がくっきりしてなくてボンヤリ。
主人公を助けてくれる相棒が出て来るものの、相棒なんだか敵なんだか、全然区別がつかないんだけど~!と、ツッコミながら見てました(笑)

それに、一瞬「死んだ?」と思っても、実は次のステージに進めてたり、逆に「行けた?」と思ってたら死んじゃったり、罠なのか何なのかもパッと見てもわかんなくて・・・何とも不思議な感じのゲームだったです。
洋ゲーの特徴なんだか知らないけども、説明があんまりなくて、どうしたらいいか戸惑いながらの有野課長のツッコミがナイス☆

ラスト近く、相棒と敵とがもみ合ってる場面、自分に出来るのはレバーを引いて光線を出す事のみ。
どうしたらその局面を抜け出せるかを、何度目かの失敗の後、気が付いた課長。
カメラに向かって、「みんな、わかるかな。この謎」と満面の笑みを見せて。
ふっふっふ。大げさな・・・。
私も息子くんもちゃんと分かりましたよ、課長♪

まぁ・・・思いがけない、あのいきなりのエンディングと、
またも最後にドドンと出てきた、ビクターの文字には驚きましたけど(笑)
関連記事
00:20 ゲームセンターCX | コメント(0)

『うっかり部長』@「エンタの神様」

2007/06/18
今日になってやっと、先週分の「エンタの神様」を。
アンジャッシュのネタは、『うっかり部長』
前の『部長、カツラでしょ?』によく似てる、心の声ネタ。

エルメスの財布をあんな風にテーブルに出しておく?とか、貰ってしまったネクタイは、趣味が悪いと思ってるのなら隠さないのかな?とか、微妙に不自然に感じる部分は幾つかあったんだけど・・・。
普通に(いい意味で)、面白かった。

何たって、うっかりな児嶋部長に悩まされる、渡部さんの表情が可愛い♪
あのネクタイも、児嶋さんの言う通り、似合ってたし(笑)
児嶋さんが、ハゲヅラじゃなかったのも私好み。

ただ・・・

オチは下か~い!
関連記事
23:34 アンジャッシュ関連 | コメント(0)

せめて「1%超え」で。

2007/06/16
水曜日には、毎週恒例・立ち読みをして来たのですが。
フラッシュだか何だかの雑誌に、『お笑い芸人の年収・ギャラランク一覧』みたいな企画の見出しがあるのが目に入ったので、ついつい手にとってチェックしてしまったのだ。

気になったのは「年収がいくらか?」とかではなくて、その何十組かの芸人の中に、アンジャッシュが含まれてるのかどうか。
こういうリストとか、「入ってて当たり前でしょうよ」と思ってると、たまに外されてて、ちょいとショックを受けたりするのよね・・・。
今回は無事にランクインしてたので、それだけで満足(ハードル低し)

とは言え、もう少し記事の内容も読んでみた訳で。

チャブの欄もくりぃむの欄も、チェックチェック♪
くりぃむの年収、幾らだったかは正確には覚えてないけど、
「上田ちゃんネル」で、いつも古坂さんがふざけて「上田さんは7(億)貰ってるから」と言ってるのを思い出し、心の中で「古坂さーん、7じゃなかったよ!」とツッコんでみたり(笑)

で、その記事の中に書かれていたことで、他に興味深かったのが、それぞれの持つ潜在視聴率。
アンジャッシュとくりぃむとチャブの中で、イチバン高かったのは、くりぃむの9%台。
確か、一番高い紳助さんだったかが12%台だったので、この数字はかなり高いですぞ!とホクホク。

チャブは3%台。まぁまぁ。


そして、肝心のアンジャッシュ・・・・・0.7%って。
低っ!! なんか切ない。
もうちょっとあってもいいんじゃないかと思うんすけど
関連記事
00:30 アンジャッシュ関連 | コメント(0)

祝・「上田ちゃんネル」1周年

2007/06/14
先週放送の「上田ちゃんネル」#20。
今回の放送で、この番組・・・なんと1周年を迎えたそうで。 おぉ~!

1周年、おめでとうございます

でも、最初に上田さんがそれを言った時に、私が思ったのは「えぇ!?もう一年?」
言われてみれば隔週放送で月2回、お休みする時もあるから、計算としてはまぁ合ってるんだけど、全然そんな意識なかったし。
上田さんたち自身も仰ってたように、ホントにあっという間。
そもそものコンセプトが、『上田さんの心のままにお送りする番組』ということで、第1回目の放送を見るまでは、どこまで続くのか不安に思った部分もありましたけど・・・。

上田さんと一緒にふざけてくれる、古坂さんという素敵なパートナーもいるし、感心してしまうようなナンパ術を持った浜ロンさんも、すっかり準レギュラー化して馴染んでるし・・・・・そんないい歳こいた男たちの雑談は、見ていてホントに楽しい。
熊本のタクシー運転手さんが見ていてくれるのも、業界内視聴率が高いのも納得です。
上田さんが同じ話を何回しても許しますから、変な企画立ち上げたりせず、これからも末永く雑談し続けて下さいませ♪
あ、『ボクシング』は変な企画じゃないから(笑)、会長さんたちの話、また聞かせて下さいませ。

この文章を「上田ちゃんネル」スタッフさんが読んでくれるか分からないけども、伝わるといいなと願いつつ・・・とりあえずお祝いの言葉を贈ります
関連記事
11:04 くりぃむしちゅー関連 | コメント(0)

「マリンスノウ」PV、見ました。

2007/06/12
昨日のスペースシャワーTVにて、スキマスイッチの新曲「マリンスノウ」のPV、初めて観た~。
サイトでの試聴も我慢してたので、曲を聴くこと自体が初♪

シンタくんの鍵盤のイントロが、まず素敵(パチパチ)
大橋くんの声と歌、こちらもいつものようにとても素敵っす。
でもでも、若干、大橋くんの声の印象が違う部分がある。
ちょっとミスチルの桜井さんのような感じなんだけど、キーがちょうどそんな風に違って聞こえる声が出る高さなんかな?

曲そのものは中々切ないメロディと歌詞ですねー。
私にとっては、一瞬で鷲づかみにされるのではなく、何度も聴きこんでジワジワ来るタイプの曲。

で、PV。
楽しみにしてたのに、大橋くんもシンタくんも一瞬たりとも出て来なーい!
その点は、非常にがっかりです。ショボンです。
俳優さんを起用してのドラマ仕立ても、曲のイメージを伝える上でいいとは思うけど、「雨待ち風」のように、せめて半々でお願いしたいんだけどな。
(別にスキマに限ったことではないけども)PVは、その曲を出す時点での、歌い手の映像もきちんと残しておいて欲しいのだ。
何年か後で見返した時に、「あぁ、こんなだったね」って思いたい。

PVのストーリーも、何回か見返して味わってみよっと。
横で一緒に見てたダンナさん曰く、
「無人島にいる男が、だんだん髪や髭が伸びてムサくなってくだけじゃん」って。
・・・・・失礼な。 もっと色々あるんじゃ~い。

でもでも、スキマの二人が出て来ないから、ということを抜きにしても、あんまり好きなPVではないです。すみませぬ。
関連記事
12:03 スキマスイッチ関連 | コメント(2)

祝・「白黒アンジャッシュ」CS進出

2007/06/10
「白黒アンジャッシュ」のCSでの放送が、昨日からとうとう始まったー!
いやぁ、めでたい!
どうか末永く放送されますように

まだ手元にない5月後半分を見てないんだけど、放送になったからにはやっぱし待ち切れない!ということで、6月1回分見ちゃいました。
児嶋さんも、「これで家で見られるようになった」と喜んでおりましたねぇ。

もしかして、地域によっては遅れて放送されてんのかな。
だとしたら・・・以下、若干ネタバレですので、ご注意を。





ワクワクしながら見た初回。
以前、写真週刊誌に激写されてしまったのは、児嶋さんが雑誌社にリークしたからではないか?という疑惑を持たれてしまった、『リーク児嶋』
無実なのに、いろんな人に誤解されて困ったという話。

今回の『大変なことになっちゃった話』というテーマには沿ってるし、そのエピソードを選択したのも間違ってないと思うんだけど、でもでも見ていて、スッキリ笑えなかった。
何でかなー?
渡部さんまでが疑ってたからか? いやいや、別に渡部さんも疑ったっていいんだけど。
結局、最後まで、“疑う渡部さん”と“無実を主張する児嶋さん”という図式が崩れずに、笑える展開に繋がらなかったからか?
うーん・・・
久しぶりに、客席も微妙な空気に包まれていたような。
以前の放送を見ていて、たまにこういう展開になるのは分かっちゃいたけど、初回がいきなりコレだったので、ちょいと複雑な気分。

ミニコーナーのカラオケ十八番紹介は面白かった♪
相変わらず、長渕で攻める児嶋さんがナイスでした(笑)


そういえば、昨日は「モテカル」#5~の放送もあるし・・・なんて楽しみにしてたのに、いきなり放送予定が変更になってた(おかげで、ダンナさんに嘘つき呼ばわりされてしまったわさ)
結局、毎月4回分更新ということになるらしい。
・・・ということは、#20まで行くには5ヶ月掛かる訳で。
その間、解約できないではないですか。
全く・・・商売上手なんだから!
関連記事
12:18 アンジャッシュ関連 | コメント(0)

「華の47年組」第2弾♪

2007/06/08
昨日の「アメトーーク」、やっと今見終わりました。
リアルタイムで見ようと思ってたのに、最近は10時を過ぎるともう眠くて眠くて。

で、『華の47年組芸人』企画第2弾、中学・高校編。
・・・と言いつつ、またしても中学時代で尺を取り過ぎ、結局昨日は中学まで。
楽しみにしてるので、高校編は、また次回お願いいたします♪

メンバーは前回と同じく、つっちーを始めとしてアンジャッシュ・日村さん・ワッキー・品川くん・井戸田さん・大地さん。
つっちーが相変わらず怖いんですけど・・・(笑)
渡部さんの「街中で人蹴っ飛ばしてた目」という例えが、あまりにハマリ過ぎてて吹きました。

学生服の下にGジャン(そしてマフラー!)という、あの児嶋さんの服装、凄いなー。
「だんだんワッキー化してる」とか言って、今回もいじられてるし。
なんだかんだで、若干オイシイかも。 ただ・・・次回も出して!

それぞれが選ぶ、学生時代の思い出の名曲。
児嶋さんは長渕さんの「ろくなもんじゃねぇ」で、くりぃむ・上田さんも大好きなこの曲を選んだことが、なんだか嬉しかったり。
渡部さんは、おニャン子辺りを選ぶのかな?と思ってたら、BOOWYの「B・BLUE」・・・そっか、やっぱり大好きだったのね。
BOOWY芸人の時にも出て来てたしねー。
他の人たちの選曲も、ブルーハーツとか、さすが『男の子』な感じ。
このコーナー、ホントは一緒に盛り上がりたかったんだけど、私はBOOWYもブルハも全然聴いてなかったのですよねぇ。
だからこの点は、みんなと一緒に上手く歌えないワッキーに共感。

中学2年時のドラマ「あぶない刑事」には、私のテンションも急上昇。
タカさんの走り方と、ユージさんの走り方の違いを真似するつっちーに、「あー、そうそう。似てる!」と大ウケ。
ちなみに私は、ユージさん派♪

今回のサプライズゲストは、「スクール・ウォーズ」の主題歌を歌ってた麻倉未稀さん。
大好きだったドラマだけに、イントロ聴くだけでテンション上がります。
もちろん一緒に、口ずさみましたとも。

そういえば、この曲聴いて思い出したけど、私はいわゆる『大映ドラマ』にハマってたので、ツッコミどころ満載の『大映ドラマ大好き芸人』企画とか、いつかやってくんないかな。
まぁ・・・そんな芸人さんがいるのかどうかは知らないけど。
関連記事
11:18 アンジャッシュ関連 | コメント(2)

猛スピードで消化中

2007/06/06
「白黒アンジャッシュ」、溜まってた分をガンガン消化中。
とうとう5月分に突入しましたよ。
ここまで来れば、あっと言う間ですよん♪
ただ、その時々で色々思うことはあれど、あまりにまとめて見過ぎてて、なかなかブログに書ける程に思いがまとまって来ないのがもどかしいっす。

後半の児嶋さんのボクシングコーナーは、2回で終わっちゃったのか?
結構ワタシ好みだったんだけどなー。
最後に渡部さんが「会議だな・・・」と、反省込みのダメ出しする部分も含めて(笑)
関連記事
23:58 アンジャッシュ関連 | コメント(0)

「恐竜」というより「アヒル」

2007/06/05
「ゲームセンターCX」#47、有野課長は『ワギャ○ランド』に挑戦。
今回も私の知らないゲームだ・・・。

一応、アクションゲームなのですね。
印象的だったのは、ボス戦がぬるいこと。ボス戦が「しりとり」とか「神経衰弱」って・・・
いいのか!?そんなんで。
まるで、以前に挑戦してた「サラダの国のト○ト姫」のようだわさ(笑)
まぁ、有野課長は頭脳(パズル)系が中々お得意なので、あまりボス戦に苦労することもなく、その辺は楽勝な感じが漂ってた。
それでも、操作やタイミングに慣れていくしかないアクション部分で残機を減らし、何回でも出来ると思ってたコンティニューが8回までで、途中でスタート地点に戻されたのは大変そうだな~と思ったけど。
私だったら、もうそこでギブアップっす。

その他に印象的だった部分は、新AD・高橋名人の絵心。
ワギャ○を書いたつもりらしいけど、私にはお風呂に浮かべて遊ぶアヒルにしか見えなかったです。
味があってとっても可愛くて、私は好きでしたけど♪

んで、今回の私のイチバンのツボは、『有野の挑戦』ではなく、『ゲームセンターCX・ゲーム化計画』のロケにて。
この番組をモチーフにしたゲームが秋に発売予定なので、その制作過程を追うドキュメントを毎回少しずつ紹介する、このコーナー。
制作会社も決まって、今回は、どんなゲームにするかの企画会議・プレゼン。
まずは、構成作家・岐部くんが“ミニゲーム集”を提案したものの、制作側としては、「ミニゲームは作るのが一番手間がかかる」ということで、あっけなくボツに。
微妙に凹む岐部くんが可愛らしい感じ。

で、可笑しかったのは、その次。
プレゼンに登場してきたのが、カメラマン・阿部さんって!(笑)
PとかDだったら分かるけども、カメラマンさんが堂々とこんな風に出て来る番組って凄いなぁと、感心するやら可笑しいやら。
そして、阿部さんからの提案は、以前千葉鑑定団に使用済み挑戦ソフトを売りに行った時に生まれたキャラクター、リーゼントの『殿様』ならぬ『阿部様』が再び登場(笑)
今回は『つっぱり大名』という名前がついてた。
また、その絵の巧さ・書き込みっぷりが半端じゃなーい! 隠れた才能を発揮されましたねぇ。
んで、そのキャラクターの設定が、また可笑しくて。

『どこで出てくるか分からない』
『目が合うと、必ずしつこく追ってくる』
『小銭を要求してくる』

その3つの設定聞いて、大ウケしましたよ、ワタシ。
いかにもツッパリな感じが◎
制作会社の方々にも高評価を頂いておりました。納得♪

このゲーム、ハードはDSだそうなので、ひと安心。
DSだったら持ってるもんね。
Wiiだったらどうしようかなーと思ってたのだ。
息子くんは、周りの友達も大勢持ってるし、「欲しいよー!」と言い続けてるのだけど、我が家ではまだ買ってないのよね。
関連記事
10:55 ゲームセンターCX | コメント(0)

「パワー・オフ」

2007/06/03
先日、本屋さんに行った時のこと。
お目当ての新刊の文庫本が見つからず、それはまた今度でいいかぁと思いながら、他の場所をウロウロと。

そこで目に入って来た、井上夢人氏の名前。
私がまだ読んでない作品が幾つも並んでるー。
合作していた『岡嶋二人』を解消して、井上夢人になってからの作品、幾つか読んでたのに、そう言えば最近は東野圭吾さんや宮部さん、北村薫さんばっかりで、井上さんの新しいの読んでなかった!と気が付き、この機会にどれか買おうかなとパラパラ。

古い作品から買うとなると、「パワー・オフ」か、「ダレカガナカニイル・・・」辺り?

・・・・・・・あれ?

これらの作品、うちの本棚にあったような気がするんだけど。
それも、読み終わった本を並べとく場所に。
でもでも、私の記憶違いで、もしかしたら持ってないかも。
あぁ、もう・・・全然思い出せなーい!

結局、確かめないで買うのはやめて、そのまま帰って来まして。
家に着くなり確かめましたよ。


結果・・・


どっちも持ってた~!


あのまま買ってたら、「鳴風荘事件」の二の舞・・・(笑)
どんだけ忘れっぽいんだ、自分。
でもでもよく見たら、読んだ分を置いとく棚にあったのに、どっちも読んでなかったのでした。

んで、早速、「パワー・オフ」を。
コンピュータウィルスと人工生命、そしてそれを取り巻く人々のお話。

文庫化されたのは99年だけど、作品が書かれたのは94年頃、ちょっと前なのに懐かしい事ばかりで、コンピュータ世界の発展のめざましさをありありと感じてしまいました。
だって、そのウィルスは、元々MS-DOS用だったし。

MS-DOS・・・懐かしい! 懐かし過ぎる!!
そうそう、ちょうどあの頃はウィンドウズにかなり移行しつつも、まだまだDOSの世界も大きかったのよね。
一応、ソフト開発にもほんの少々携わったことがあるので、文字化けだのその他のコンピュータ用語を懐かしく思い出しながら、読んだのでした。
多少古くなってしまった作品とは言え、今の世界に通じるところもあり、「生命」とか「進化」まで話が広がったりと、途中難しくてついて行けなくなりそうになりながらも、楽しかった♪
それに、岡嶋さんの頃に慣れ親しんだ、井上氏の文章とストーリーの展開のさせ方は私好みで、とても読みやすかったっす。
関連記事
13:02 読んだ本 | コメント(0)

いきなり、明日から。

2007/06/01
今日から6月。
念願の「白黒アンジャッシュ」が、今月から第一興商スターカラオケChにて放送されるので、契約を変更しなくちゃ♪なんて思っておりました。

『よくばりパック』で全てのチャンネルを見られるようにしておけば、そんな必要もないんだけども、若干料金が上がるし、そんなにたくさん契約しても見きれないだろうし・・・ということで、我が家は毎月契約内容を巡って、ダンナさんと私との間で、密かな(?)攻防が繰り広げられる訳です(笑)
「音楽系はいらないよ」と言う、ダンナさん。
対するワタシ、「麻雀系はいらないんだけど~!」

さて、そんな我が家の攻防はおいといて。
何が言いたかったかというとですね、

720・シーエスGyaOで、明日から『モテカル』が放送される!!

アンジャッシュとバナナマンが出てる、あの「モテル・カルフォルニア」ですよ。
うちの通信速度の遅いPCでは、映像がちょくちょく止まるため、見よう見ようと思いつつなかなか視聴が進んでなかった、あのモテカル。
やったよ~(≧▽≦)
PCの小さな画面じゃなくて、でっかいTV画面で見られる

このチャンネルのことは知ってたので、いつかやらないかなぁ、とは思ってたけど、まさか明日からとは。
「白黒」は9日からだから、契約変更はもう少し先でもいいかなと思ってたので、今朝ガイド誌に目を通さなかったら、危うく見逃すとこだったですよ。
危な~い!
明日が#1,2、日曜が#3,4と、毎週4つずつ消化して行くので、月末にはあっという間に#20まで。CSにしては珍しくリピートもないので(来月以降にあるかもしれないが)、確実にゲットして行かなければ。
遅れまくっているので、頑張って追いつきます!
関連記事
15:02 アンジャッシュ関連 | コメント(2)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。