10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

R-1ぐらんぷり・2010、ワタシ的感想

2010/02/24
昨日の「R-1ぐらんぷり 2010」、リアルタイムで見ました。
やっぱりまっさらな状態で見たかったから、どうにか時間作りましたよ。

ということで、以下、簡単に感想なんぞ。


あべちゃん、優勝おめでとー!

審査方式がM-1と同じような、3人が最終決戦に進出してもう1回ネタを披露する、という形式に変わったのが、あべちゃんにとっていい方向に働いてたと思います。
1本目のネタに入る前のVTRコメントに、グッと来てしまいました。
別にファンじゃないんですけどね・・・(すいません)

でも、漫談で勝てたら夢がある、っていうのは本当にそうだなと思ったので、ついつい応援してしまったのでした。
キャラや動きのあるネタもいいけど・・・だけど・・・言葉のセンスや間だけで、そんな強烈なものにも勝ててしまうなら、それはやっぱり素敵な夢に違いない。

2本とも安定してて、とてもいい出来でした。
文句なしの優勝だったと思います。
何年もこの大会に出場してたの見てるし、正直「今年もまた決勝進出したのか」と思ってはいたんだけど、ネタの出来が良かっただけに、最後の判定結果を見た時には、「やっと勝てて良かったねぇ」と、つい私もウルッときてしまいました。
いい夢をみせてもらった感じです。


あべちゃん以外では、グラップラーたかしのネタが好き。
(もちろん他の人もとても面白かったけど)
この人、CSのゲーム番組で何度か見たことあったんだけど、ネタを見たのはこの前の「エンタ」が初めて。
その時は、竜宮城で鯛やヒラメをモリで突く部分、昨日のネタで言えば、鏡を「ていっ」と割る部分が、もう面白くて、面白くて。
ダンナさんに「大笑いしてるねぇ」とビックリされるほど、笑いましたよ。
ただ、面白いんだけど、若干言葉が聞き取りにくい部分も多いんですよね。
その点が勿体ない・・・。


ちなみに。
サバイバルステージもリアルタイムで見られましたが、一番ツボだったのはユリQさん。
久しぶりに見たら、凄く面白くなってた。
残念ながら落ちてしまったけど、私は一番笑いましたよ。

よしえ姐さん、あのネタも好きなんだけど、私は授業のネタとかおつかいのネタとか、アラサー以上のハートをくすぐる、80年代アイドルの小ネタが入ってる方がツボなんですよねぇ。
関連記事
17:41 テレビいろいろ | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。