04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

ニノの「大奥」、観て参りました。

2010/10/19
「大奥」、やっと観に行って参りました~♪

月曜の朝イチで行く事には、なんだか仕事中のダンナさんに申し訳ない感じで、若干抵抗があったけど、レディースデイだったんで!
他に予定が合う人もいなかったので、おひとり様で悠々と。

予想以上に混んでた。
当然というか、なんというか、見事に女性ばっかり。
で!
私の斜め後ろの方に座ってたのが、振替休日らしい中学生くらいの女の子たちで、これがまぁ~煩い、煩い。
お喋りもちょっとしてたけど、それより煩かったのが、食べ物の包みをペリペリする音。
静かな中に、ペリペリペリ。
やっと音が止んだと思っても、しばらくすると、またもやペリペリペリ。
時々、カバンを開け閉めしてる音も聞こえてきたり。

うるさーい!集中して見んか~い!(と、心の中で何度叫んだことか)

おかげで、ところどころ集中力が途切れてしまいました。
全くもう、迷惑な子たちだったなー。


・・・とまぁ、彼女達の行動には辟易しましたが、映画自体はとても良かったです。
以下、ネタバレ込みで、感想もろもろ。


やっぱり、原作読まずに行って良かった。
なかなか映画館に行けないから、先週、いっそ読んじゃおうかと思ったけど、誘惑に負けなくて良かったぁ。

ラスト、細い束の遺髪を見てお姉さんと一緒にウルウルし、
その後の展開にほっと胸を撫で下ろし、
良かったねぇと喜んじゃいましたよ。 さすが吉宗だな、なんて。

杉下と言葉を交わす場面、ニノの抑えた演技も良かったし、
吉宗との場面も、とても良かった。
同じ「お信」っていうのが・・・体を重ねる相手は吉宗でもあり、好きなお信でもあった訳で。
潤んだ目をしたニノと一緒に、私もウルウルしてました。

垣添役の中村くん、水野を慕う様子がメチャメチャ可愛らしかった~。
現代劇やってる時より、ビジュアルは垣添の方が好きです。


原画から受ける水野のイメージよりは、ニノは幼く見えた。
(でも19歳と言ってたから、まぁアリかな)
武士・男子としての心意気は、他の誰より感じられましたけど。

冒頭いきなりの寝床でのシーン、そんなシーンがあってニノの体が見えるとは思ってなかったので、心の準備が出来てなくて、つい「ぶっふぉ!」と吹き出しそうになりました。 ははは。
あの世界では、快楽を求めてではなく、本来の目的での営みなんですよねぇ。
ちょっと考えさせられました。


あと2回くらい、細かい所にも目を向けて観てみたい。
次のレディースデイ、行けるといいなぁ。

関連記事
00:36  | コメント(2)
コメント
No title
お久しぶりです。
やっと観られたんですね、待ってました。共感したかったですよいきなりの濡れ場。
私も背中から映った時ニノだとは思わなかったので、心の準備ができなかったです。予告でも全くこのシーンは取り上げられてなかったので。

ちゃんと観ようと3回レディスデーに行ったこの私です。

打ち首のシーンの斜め後ろからのニノのショットが好きです。
左耳のほくろと閉じていくまぶたが色っぽい。
お久しぶりです。
いっけいさん活動が活発なようで・・・(笑)

やっと観て来ましたよー。
極力、情報に触れないように、先入観を持たないようにして観に行ったので、ホント楽しかったです。

最初の場面も、誰かに少しでも聞かされていたら、あんなに驚けなかったでしょうしね。
別に激しいシーンではないですが、いきなりなんでビックリしますよね。
出来ることなら、私もあと2回は観に行きたいですわー。

> 打ち首のシーンの斜め後ろからのニノのショットが好きです。
> 左耳のほくろと閉じていくまぶたが色っぽい。
あ、なんとなく分かります。
私は、予告でも流れていましたが、夜伽の支度での目元に化粧を施すシーンが、目元のみのアップで印象的でしたね。

管理者のみに表示