10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

嵐コン@東京ドーム、11月19日、覚え書き #1

2010/12/09
すっかり遅くなりましたが。

嵐のコンサート、「ARASHI 10-11 TOUR “Scene” ~君と僕の見ている風景~」
覚え書き・その1。

私が参加できたのは、11/19と11/21の東京ドーム公演。
ということで、まずは19日分。

あまりにも覚えてなかったので(汗)、セットリストはネットをウロウロして拾って来ました。


ちなみに。
途中で止まってるとはいえ、去年のコンサートの時に自分がどんなことを書いたか、参考までにちょっと見返してみたら、想像してたよりも細かく書いてて、「マメだったのね・・・」と自分で自分にビックリしました。
今年は結局メモ書きが殆ど進まないままに体調を崩したから、去年みたいに詳しく書けないので、さっくり行きます。
忘れてることも多々あり。 わーん!(泣)



19日は、3塁側2階スタンド。
それなりに前の方でしたけど、かなりメインスタンドに近い位置だったので、メインステージ挟んで1塁側のビジョンは見えず。
まぁ、メインステ上のビジョンも向こう側は若干見えにくかったですが、歌ってるメンバーを映し出すこちら側のビジョンは普通に見えたし、アリーナと違って埋もれることもなく全体を見渡せました。

位置の関係か、開演前の円陣の掛け声が初めてちゃんと聞こえました♪

メインステージ中央ビジョンでカウントダウンの映像が始まり、1曲目の「movin’on」とともに中央からメンバー揃って階段を下りながら登場。
今年はちょっと大人な感じでの始まり。

で、ガラッと変わって、明るく陽気な、
「Love Rainbow」、「Troublemaker」、「Attack it!」と、一気に。
櫻井さんと大野さんの「輝きを秘めたハートビート」、見られて幸せ~。
なんてキュートなんだ。
その後の1列に並ぶトコ、今回はニノにちゃんと入れてもらえてた大野さん。

最初の挨拶は、「Attack it!」の途中。
お決まりの、松潤の「5万人幸せにしてやるぜ!」、ニノの「いらっしゃいませ~」、櫻井さんの「調子はどうだ?」などなどの煽りに、「あぁ、またこの空間に来られた」と噛み締めながら、大声で「きゃ~♪」だの「いぇーい!」だのとお返事。
既に声が枯れそうな自分(笑)
ニノの「大怪獣~」の言い方、やっぱり可愛かったー。

赤から青にペンライトの光を変えた去年を思い出しつつ、「Everything」
今年は全体的に緑の光の中、ところどころ赤い光が見えるのが綺麗でしたね。

んで、櫻井さんソロ、「T.A.B.O.O」
きゃー、待ってましたー!!
赤い軍服(?)みたいな衣装と帽子で、あまりのカッコ良さにまたも鼻血が出そうでした(いや、ホントに出したことはないけども)
衣装も映像も赤がメインに使われてて、そんな中、映像に時々モノクロな櫻井さんの裸の背中・・・
相変わらず撫で肩でしたが(失礼)、セクシーで、これも非常に素敵でした。

「let me down」、「マダ上ヲ」、「kagero」、「Oh Yeah!」
「let me~」で花道を使ってたこと 「kagero」がバクステだったことは覚えてるけど、移動しつつ歌ってた曲は、メンバーがどこにどう散らばってたのか、どう移動してたのか、基本的にはよく覚えてないです。

「Oh Yeah!」は、やっぱ大好きだー。
ジャンプして、手ぇ振って、ピースして。
特別な振りじゃなくても、会場の一体感を感じる最初のジャンプだけで凄く楽しい。
歌詞は何気に泣けるし。


その後、大野さんソロ、ニノのソロと続きます。

関連記事
18:08  | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。