07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

くろのを観て来ただす。

2011/03/25
遅ればせながら・・・ホント「今ごろ!?」って感じですけど、ようやく「GANTZ」観に行って来ました。

レディースデーに一人で行こうと思ってたはずが、特番を見た息子くんが「オレも観てぇんだけど~」と言い出しやがり、二人の予定がなかなか合わないから、こりゃ劇場行くのは無理かな・・・?と、半ば諦めておりましたが、いやぁ~どうにかこうにか行けました。
ありがとう、二人割!


・・・ということで。
大したことは書けませんけど、感想は一応畳んどきます。




予備知識はあんまり入れずに臨みました。
原作はちょっとだけ読んだ(ネギ星人との戦いが終わって、一度日常に戻った辺りまで)
雑誌やTVのインタビューなんかは、撮影秘話みたいなトコ重視で。

で。

どっかんどっかんで怖いかな~と思ってたけど、所々クスッと笑えるので、激しい戦いの映像もそう怖くなく、最後まで楽しく見られました。
田中星人の走りっぷり、凄いし!(笑)
ボカボカ殴るの、地味に痛そうだし!

ミッションが始まる時に流れる曲が、なぜかラジオ体操のだったりとか、ミッション終了時に鳴る音がちょっとレトロな電子レンジみたいだったり、ガンツ球の不思議な言葉遣いとか、ワタシ的ツボが至る所に。
ガンツスーツの入ってるケースに書かれてる名前が、なぜか平仮名なのもイイです。
「くろの」とか「やまだ」とか、なんか可愛いんですけど!

ネギ星人との戦い、思ってたよりグロかった。
グロいの、自分では結構平気だと思ってたんですけどねぇ。
息子くんは「ポップコーンが出そうだったぜ~」と、後で言ってました(出なくて良かったわ)
飛び散る星人の体液(?)と人の血液と、ぐっちゃぐっちゃに塗れて、「あぁ、傷つくと血が出るんだよね。痛いんだよね」なんて、当たり前のことを再認識してしまった感じです。
子ネギ星人が弱々しそうだっただけに、みんなで囲んであんな風に殺すことの異常さとか残酷さが出てたわー。

田中星人たちに関しては、やらなきゃやられる感じですけどね。
千手観音、強過ぎるでしょ・・・。


一旦、日常に戻ってきた玄野くんと岸本さんの場面。
ちょっと健全かつ生々しい(?)男子大学生の部分を見ちゃって、「いやん♪」みたいな(笑)
残念だったねー。

でもでも、最初はあの状況に戸惑ってた玄野くんが、どんどん戦いに目覚めてくというか、意識が変わっていくというか・・・あの辺は考えさせられますね。
加藤くんとの状況の違い、考え方の違いを含め。
玄野くんの暴走とも言える最後のあの戦いがなければ、少なくとも加藤くんも岸本さんもあんな風にはならずに済んだんじゃないかと思うとねぇ。
でも、そのおかげで、玄野くんの意識もまた変わって行った訳で。
決して無駄ではなかったんだろうしなぁ・・・。うーん。


で、そこからのパート2ですよ。
みんなが、どういう答えを見つけて行くのか、非常に楽しみです。
そして、息子くんと予定をまた合わせなければ。

そうそう。
ニノのガンツスーツ姿、思ってた通り、素敵さ全開でしたわー!!
階段からジャンプして性能を確かめてる時の、スーツを中に着こんでる姿がなんとも可愛かったです。
演技に関しては、文句ナシですしね~。

関連記事
22:36  | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。