07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

「配達あかずきん」に出会う

2011/04/07
今日は、息子くんを学校まで送るのに、朝5時起き。
実際に寝床から抜け出したのは5時半を過ぎてたけど、絶対に寝過ごしちゃならんというプレッシャーが凄かった~。
おかげで、睡眠不足です。

あ、違った。
睡眠不足でした。 さっきまで。
いつの間にか机に突っ伏して寝ちゃったので、無事に復活しました。



この前、タイトルに惹かれて初めて手に取った作家さんの本が、もの凄くワタシ好みでした。
私には珍しく、メチャメチャ大当たり♪
誰かに勧められて出会うのも楽しいけど、こうして自分でたまたま巡り会えると、その喜びもひとしおです。

大崎梢さんの、「配達あかずきん」という本なのですけど。

本屋さんで働く杏子さんと、バイトの女子大生・多絵ちゃんが主役の、連作ミステリ。
事件そのものは大きくないですが(なんたって、舞台は全て本屋さん)、本屋さんの日常と、そこで起こる謎とが上手く絡んでます。

北村薫さんを思い出させるような、小さな謎と柔らかい文体。
(ドロドロミステリも大好きだけど、心が晴れない日が多い時には、こういう何気ない謎が凄く響きます)

取り立てて読書家という訳ではないけど、とにかく本が好きで誠実な人柄の杏子さんと、
勘を働かせて謎を解くけど、どこかずれてる多絵ちゃんと、
私の知らない、本屋さんの世界。

てっきり最初に出てくる本好きの杏子さんが謎を解くのかと思っていたら、そうじゃないというトコが、なんかイイです。
杏子さんの感覚は、多くの読書好きに当てはまるハズ。
何度も「うんうん、そうそう!」と思いながら読みましたもん。

表題作の『配達あかずきん』もいいし(ヒロちゃん、可愛い。いいなぁ、ハーレム)、『六冊目のメッセージ』の読後感の良さも素敵だし、『標野にて 君が袖振る』の想いが時を駆ける感じも好きだし・・・ヤバイです。
図書館で借りてきたけど、手元に置いておきたくて、文庫で買っちゃうかもしれないです。

何年か前の作品だし、連作ミステリなので、続きがすぐ読めるのも嬉しい~☆

関連記事
18:19 読んだ本 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。