04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

誰にとっての、パーフェクトなのか@「GANTZ」

2011/06/06
すっかり遅くなりましたが、「GANTZ PERFECT ANSWER」、観て来ました。

前売り券を買ってノンビリ構えていたせいか、気付けばうちの近くの劇場は既に遅い時間にしかやっておらず・・・終了時間が遅いと、息子くんと一緒に行くのは無理なので、ダンナさんに車出してもらって、ちょっと離れたトコまで行って来ましたさ。

それでも夕方と夜の2回しかないんだから、なかなかのピンチですよね~。あはは(←あまり懲りてないらしい)


以下、感想ちょろっと。


アクションは凄かった!
特に地下鉄のシーンとか、派手だし激しいし、狭いというハラハラ感もあったりして、かなり見ごたえがありました。
黒服星人、無表情で強いっていうのがまた不気味。

後半の加藤星人(?)との対決は、私にとっては若干長めに感じられてしまった。
っていうか、結局、黒服星人(とその他大勢)及び加藤星人の正体というか、復讐の意味がよく分からんかったので、私の感情も動きづらかった感じですかね。
私の理解力が足りないだけなのかしら・・・。

それと、山田孝之くんの存在意義は何だったん?みたいな。
この辺は「ANOTHER GANTZ」見たら(まだ見てないので)、少しは分かるかな。


最後に玄野くんが選んだ答え。
美しくて、悲しい答えだなー。

途中から何となく予想はついてたので、大きな驚きはなかったけど、
たえちゃんが遊園地でベンチに座ってるシーン、涙腺がヤバかったです。
スケッチブックと観覧車の・・・(涙)

そして、ラストカットも。
多分、自分の意思が完全にない訳ではなく、「文字」という形を通してなら、好きな場所に出てこれるんじゃないかと思うのだけど。
玄野くんはそれを選び、そんな言葉まで残すのか・・・と思うと切なかった。


ハッピーエンドなのか、バッドエンドなのか、複雑な心境です。
ただ、私はまだ、玄野くんの答えの切なさを引きずってます。


関連記事
17:47  | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示