09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

「嵐のワクワク学校」@東京ドーム、24日覚え書き、#1

2011/06/28
「嵐のワクワク学校」@東京ドーム。

私も生徒の一人になって、授業受けて来ました。
参加したのは、初回の金曜日の授業。
先生も生徒も初めてで、お互いちょっと戸惑いながら。

でも、一生懸命で素敵な5人の先生と、その先生たちのことを大好きな生徒が沢山集まって、メチャメチャ楽しくてメチャメチャ幸せな時間を過ごしてきました。
本来ならコンサートをするはずだったのに、電力事情を考慮してチャリティーイベントになり、そのイベントでファンの人たちがホントに満足してくれるのか、メンバーは不安な部分もあったと思うけど、大成功で終わって本当に良かった。
交通費と宿泊費を使っても、十分に行く意味のあった、いいイベントでした。

ノートと筆記用具持参だったので、ちょこっとだけどノートもとりました。
とは言っても、先生の様子も見たいので、途中まで書いたらその後は下を見ないで勘で頑張りました。
いい生徒だ。

昨日のWSで最終日の授業の様子を見て、記憶が蘇ったり、逆に若干記憶がごちゃごちゃになってる感もありますが、まぁ何だかんだいろいろ書いておきます。


今回はチケットも受講票だし、会場内の様子も学校ということで徹底。
歴代校長の肖像画も、老け顔メイクをしたメンバー5人。
相葉ちゃんと大野さん、ハゲ面が似合う(笑)

「○○先生、○○先生・・・授業が始まりますのでお集まり下さい」という校内放送とともに、職員室のリアルタイム映像が。
白衣着たみんなが部屋を出て歩いて来る。いよいよ始まるんだ~とワクワク。
登場した5人が、探り探りお互いを先生呼びしてるのが可愛い。

櫻井先生が、『日々是気付』という学校方針について説明。
いろんな事に気付くことによって、もっと考えたりもっと幸せになろうという意味が込められているんだけど、その一環として、「実は・・・授業前、ドーム内のトイレのどこか一箇所、張ってあった清掃表に5人の判子が押してあったんだけど、気付いた人いますか?」と。
「えぇ、そんな事が!?(私はドーム内でトイレ行ってないから知らなかった)」と驚きつつも、判子押しただけなんだろうなと思ってると、清掃スタッフの制服着て、ホントに掃除してるメンバーの映像が流れてきた。
カラフルな制服姿が可愛いー!!
相葉ちゃんは便器を一生懸命擦ってたし、手洗い場だったかを担当した松潤はカメラ目線も決めて相変わらずだし、大野さんはトイレットペーパーを三角に折っただけで、どや顔してるし(笑)
結局どこのトイレかは分からず、授業が始まったからその紙は回収されちゃって、実物が見られなかったのは残念だったけど、可愛くて面白い映像が見られたので大満足です。


・二宮先生の「ドキドキ」の授業。
ニノの最初の言葉の「みなさん、最近ドキドキしてますか?」に、ドキッ(というかギクッ)としました。
それは、あなたじゃないんかい?と。

まぁ、それはおいといて・・・ドキドキを作り出す、心臓に関する授業。
心臓のCTスキャンを撮りに行ったニノ。
最新の機器とはいえ、わずか8秒で撮り終わるって凄いなーと感嘆するやら、余りの速さに拍子抜けするやら。
3Dで見る心臓の映像(それもニノの)・・・いいものを見せていただきました。
周りに脂肪が付いてなくて、効率良く動いてる、いい心臓だそうです。

そのドキドキの数は1日に何回なのかを調べるため、パッドを付けて1日観察。
8:00AM、眠そうなニノが可愛いです。
「VS嵐」の収録前、相葉ちゃんとまさかの同じパンツで若干ドキドキが増え、番組内で楽しんごに告白(?)されて、またちょっとドキドキが増えてたのに笑いました。
さて、結局1日のドキドキ回数は幾つだったのか、分かりますか?と、二宮先生。
相葉ちゃんが確か8万回くらいで、大野さんが12万回くらいと予想してたような・・・。
正解は10万3572回で、正解よりも多く言っちゃう(こういう時のお約束を破る)大野さんに、ダメ出しをするニノ(笑)
量にすれば約7t。
この凄さを伝えようと、いろいろな例を出してくる。
「○○だと××回分」とかいうんだけど、だいたいが最後に6666回分とかいう微妙な数になるので、松潤だったかに突っ込まれて、「仕方ないんです。意外に割り切れないんです」と言い訳をする二宮先生。
水鉄砲だと87万5000発、というのはメモっておきました。
他にも、目薬だと○○回分・チェ・ホンマンだと○○人分というのがあったり(笑) 何故チェ・ホンマンを出してくるんだろうと思ったけど、まぁデカイってことは分かるし、本人の写真もあったりして面白かった(そして大野さんがボソッと、「ホントにでかいんだよ」と呟いていた)。

その後、血管の長さを実感してもらうために、400mリレー。
アンカーになった相葉ちゃん、速い速い!
なんでわざわざ走らせたんですか?という問いに、「そろそろ(生徒の)みんなが、近くで見たいかと思って」と、しれっと答えるニノがいいです。

二宮先生の“ドキドキ”の授業のまとめ。
『毎日7tの血液が 10万kmを走っている。 かずなり』


長くなったので、一旦UPして続けます。
(こんなに長々書いてしまったことに、若干の不安を覚えておりますが)
関連記事
18:07  | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。