07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

「神様のカルテ」をやっと観ました。

2011/10/16
やっとこさ、「神様のカルテ」観に行って来ました。

もうすぐ上映終了だし、もしかしたら貸切り状態なんじゃないかと思いましたが、私以外に数組。
それと、一人で来た中年のオジサンがいたのが意外だった。

ということで、原作を読んでない私の、ざっくりした感想。



悲しい場面もあったし、一止の気持ちに寄り添いながら見てたので、見終わった後は少々疲れて頭痛がするくらいだったんだけど、気持ちが優しくなれる、温かくていい映画だった。
景色も美しかったなー。
原作を読んだ人、医療とかの現場に携わってる人、安曇さんのような人を見送ったことがあるかないかで、大分受け止め方の違う映画なんじゃないかとは思ったけど。

やっぱり変わった人だな、一止。
話し方にはそれ程違和感は抱かなかったけど(「なんたる失態・・・」とか、面白かった)、東西さんの言葉に「気持ちは有り難いが、私は妻がある身で」といちいち反応するのが特に。
仕事が出来る人であるらしいのに、そういうトコは全然分かんない(というか、そこだけ何故そういう受け取り方をするんだ?)という点で、凄く不思議な人。

ハルとの相性はいいみたいだけど、「よく結婚に至ったな、この二人・・・」とずっと思ってた。
生活感があまりなくて、ファンタジーの世界の人達、みたいな(否定してる訳じゃないです)
男爵や学士殿との生活も最小限しか説明されてないので、その辺含めて、色々とこっち側の想像で補足するしかなく、尚更ファンタジー感が増してた気がする。

そして、櫻井さんのなで肩に、どうしても目が行ってしまった~。
白衣はまだマシだったけど、他のシーンになって服が変わる度に、「あ、なで肩!」と。

ラストシーン、あの驚き方と慌てっぷりが可愛かった♪

でも、全体的に櫻井さんの一止の演技は、いいんじゃないかと思いましたよ。
キラキラを封印した、表情も話し方も。
でも、玄関での号泣シーンだけは、私にはちょっとダメだった。
泣くことに慣れてない感じ・・・かな。


関連記事
22:16  | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。