07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

「クロスファイア」

2006/06/20
昨日は、先日CSでやってた映画・「クロスファイア」を観まして。
ずっと観たかったんだけど、なかなか機会がなくて・・・やっと♪

宮部みゆきさん原作で、矢田亜希子さん主演、他に伊藤英明さん、吉沢悠さん、桃井かおりさん、原田龍二さんらが共演。
現在、堂々と活躍中の長澤まさみちゃんも、東宝シンデレラとして初々しく出演してた。
今見ると、何だか新鮮だなー。

映画は2000年の作品で、小説「燔祭」と「クロスファイア」を足して、ごちゃっと混ぜて、かな~りボリュームを減らした感じ。
私はどちらも文庫で読んでたんだけど、細かい所をいい感じに忘れてたんで(笑)、映画は映画として広~い心で楽しめました。

主人公・淳子が、念力放火能力“パイロキネシス”を使って火を点けるCG映像とかは、なかなか良かったんですよん。
後半部分だけ一緒に観てた息子くんは、「んなアホな」と言ってましたが・・・。
あんまりストレートに受け取り過ぎて「こわいよー!」って言われるのも困るけど、「んなアホな」っていうのも・・・何だかなぁ。
夢のない子だわ(笑)

以下、ネタバレありで。
映画は映画で楽しかったけど、この作品もやっぱり原作が大好きだっただけに、ちょい不満。

だって・・・「燔祭」では、多田に好意を持ったけれど、能力者ではない彼とは分かり合えないと悟って姿を消した淳子が、とても哀れな存在に思えてて。
その数年後、能力者として彼女なりに前向きに、だけど誰にも心許さず生きていた彼女が、「クロスファイア」では能力者・木戸と、ほんの少しの間だったけど心通わせられた彼女の恋が、私はとても好きだったから。

私にとって「クロスファイア」は、あの恋がメインですもん。

映画では、「燔祭」の部分を入れ込んだために、あくまでも淳子の気持ちは多田に向いていて、木戸はただの刺客みたいな感じになっちゃってたのが残念だったんですよねぇ。
たとえ、木戸の台詞に、「泣きたいくらい好きだった」とあったとしても。

あ、でも、映画のラストは好きでした。
雪江のキャンドルが、すでにこの世にいない淳子によって、ポッと火を灯されるとこ。


映画に影響されて、ついつい原作を読み返し始めてしまいました。
こんな事ばっかりしてていいのか、ワタシ・・・
関連記事
23:55 日記 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
私もちょっと前にやっと「クロスファイア」見ました。
正直言うと原作のほうがおもしろかったですね^^;
もう少し原作に忠実だったらよかったんですけどね。
キャストも今となれば豪華ですよね~主役級の方々
ばかりで。まぁ、「模倣犯」のいろんな意味でのラストの衝撃に比べたら、こちらの方が数倍よかったです。ラストは切なかったですしね・・
やっぱり、あの原作の方がずっといいですよね。2時間じゃ収まりきらないだろうから、仕方が無いとは思うけど、やはり・・・。
キャストは、主役級の人ばっかりで、ホントに豪華でしたね。「弁護士のくず」で、「しもた~!」と叫んでる伊藤さんを思い出して、あまりのギャップにクスッと笑っちゃいました。
「模倣犯」はまだなので、早いトコ観なきゃですね。kazuさんのいう“ラストの衝撃”が、気になって気になって仕方ないです~。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。