09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

今更だけども・・・#34

2006/08/14
「ゲームセンターCX」#34の感想(のようなもの?)
・・・今更ながら、続きをば♪

今シリーズに入ってから、挑戦するソフトをハードにセットする際、「ゲームセンター・シーエーックス!!」、電源を入れる時には「かちょオン!!」と、有野課長が叫んでた様子が結構好きなワタシ。

で、その様子、数回にわたって、「漫画にしてくれへんかなー!」と課長が呟いてたんだけど、今回「全然、漫画の依頼が来うへんな~」と、オチがついてた(笑)
『ゲームセンターあらし』みたいな漫画を希望してたん?
ゲームの漫画といえば、それしか思い浮かばない、古い発想のワタシ

で。

『大魔○村』のラスボス戦、一時間半の激闘の末、有野課長は見事勝利で喜ぶも、前回の『魔○村』の時同様、すぐさま2周目クリアの指令が。
やっぱりね~。そうだと思ってたですよう。
ゲームをしないワタシでさえも、想像がついてました♪

当然(?)ギブアップを宣言した課長。
ここで管P、「一人ゲストが来てますんで、ゲストの意見を聞いてもらってよろしいですか?」と。


ん? ゲストって?



・・・誰?






・・・・・岐部くんかい!!(笑)


さすが、イチバンこの番組を愛してるスタッフ(≧▽≦)
でもきっと、私以外にも、心の中で「岐部くんかいっ!」とツッコんだ人は多いはず。
(10人中8人はいたな・・・絶対)

まぁ、私は、有野課長と岐部くんの会話風景好きなので、それはそれで楽しく見ましたが。

年齢がそこそこ近くて話しやすいのか、構成作家ということもあるのか、課長は岐部くんの言うことは、かなり素直に受け入れてる感じで、ほんわかした何だかいい雰囲気なのですよねぇ。

ただ、一応スタッフに名を連ねてるわけだから、『ゲスト』って言ったら、違うヒトを想像するでしょうよ(笑)
これが東島くんや笹野Dだったら、「おぉ、お帰り~」と感激したろうな。

んで、2周することにより、ようやく、
 「見てないボス、しかもラスボスが待ってる訳ですよ」
 「ん・・・」
 「(高尾山在住スタッフ)須田さんも終電を諦め、並々ならぬ決意でスタッフ一同・・・。今の気持ちはいかがでしょうか?」

 「じゃ、分かりました。やりましょか。チビっ子が見てるんですもんね。
全国のちびっ子と、中年と主婦に向けてやりましょか」


おぉ~!!
「スーパーマ○オワールド」に挑戦した際、同じようにギブアップしないと決意した時の課長の言葉は、「ちびっ子&中年の為にも」だったのだけど、今回そこに『主婦』が追加されてた~。
そうそう、主婦も応援してるのよ~!と、たったその一言にかなり感激(単純!)

そして、二周目☆
ここからはさすがに難易度が上がり、有野課長ひとりではクリアは厳しいということで、お待ちかねAD浦川くん(&イノコMAX)登場
5時間かけて、真のラスボスまで。
浦川くんもイノコも、おでこに冷えピタ貼ってた~。
なんか、浦川くんが冷えピタ貼ってる姿って、初めて見たような。

苦戦の末、真のラスボス・ル○ファー撃破。
おめでとでっす

最後に有野課長、疲れきった表情で「チビっ子の期待に、応えられたかな?」と、仰ってましたが・・・
少なくとも、うちの息子くんは感激してましたよ、課長!!

この回、かなり端折った感があるので、次回のDVD-BOXには、特典映像・『ディレクターズカット版』として、2周目の浦川くんの頑張りもがっつり見せてくれるのを希望
関連記事
12:19 ゲームセンターCX | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。