07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

「幻夜」、読了

2007/05/24
東野圭吾さんの「幻夜」を読み終えました。

以下、微妙にネタバレありの感想。



「白夜行」の続編であるようなことが背表紙に書いてあったので、主人公の美冬が誰であるのかについて、悩むこともなく「あぁ、あの彼女なのか」と、すんなり読み進みました。

だから、長い長い文章の中で所々出てくる、彼女の正体を探るヒントの出し具合がホントに巧いなぁと、感心することしきり。
結局、彼女の本名は明かされないまま・・・。
もちろん、「彼女の正体が誰であるのか」という謎を抜きにしても、数々の事件を仕組む恐ろしさとその頭の良さ、どこまでもしたたかに生きていく彼女の生き様を読んでるのは興味深かった。
怖すぎる・・・あのヒト。

結果的に彼女に操られている、雅也の心情に共感できる部分もあったため、私は「白夜行」よりも「幻夜」の方が好きかもしれない。
タイトルである「幻夜」の意味が分かった時は、辛かったなー。
それに、どうにか彼女を追い詰めて欲しいと、加藤刑事に期待してたんだけど、
「加藤よ、お前もか!」だったし(切ない・・・)

今回も、読みながら「演じるとしたら誰かなぁ」などと、俳優さんをイメージしてました。
雅也は「白夜行」でも演じてた、山田孝之くんがピッタリ♪
加藤刑事は、私の中のイメージでは、仲村トオルさん(または佐藤浩市さん)辺りがしっくり来るんじゃないかと。

でもでも、美冬は難しい!
あれだけのヒトを演じるのは、相当の女優さんじゃないと・・・。
関連記事
23:45 読んだ本 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。