05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

オンバト・第10回チャンピオン大会、ファイナル感想

2008/03/22
「爆笑オンエアバトル・第10回チャンピオン大会 ファイナル」、見終わりました♪

以下、ネタバレありで感想もろもろ。
未見の方はご注意を。
まず思ったのは、今回の会場のお客さんは温かかったな、ということ。
いつもは“ファイナル”ということで、客席にも変な緊張感があって、普通だったらウケるであろう箇所でも思ったほどウケなくて、その結果「セミファイナルの方が面白かったかも・・・」なんて思うことも多かったのだけど、今年は違いましたねー。
トップバッターのストリークから、十分ウケてたもの。

セミファイナルから勝ち上がった10組+9代目チャンピオンのNON STYLEで、計11組。
今年は、どの組もそれなりに面白かった。
その中で、私が審査員だったら玉を入れようと思ったのは、
・トータルテンボス
・NON STYLE
・タイムマシーン3号
・三拍子

・・・という、計4組でした♪
実際、この4組は点数高くて、ベスト4でしたもんね。
この中なら、どこが優勝してもおかしくないなぁと思ったので、玉だけ入れて、あとは他の審査員にまかせよう(何様?)という気持ちで見ました。

三拍子、メチャ面白かった! 今までの彼らの出来でイチバンだと思う。
正直、ネタを見ながら「あぁ、優勝かな」と強く思いましたから。
「どういう漫才にしようか悩んでる」という部分での三択の選択肢がどれも面白かったし、そこで終わるかと思ったけど、実際にその漫才をやっても面白さは持続できてた(大抵はそこで失速するのよね)

NON STYLEも、さすが9代目チャンピオン。
“いきり”押しじゃなくても、とっても面白かった。
つかみでの変なポーズがツボでした♪

タイムマシーン3号も、やっぱり上手。
関くんのボケに対して、「そうじゃなくて!」とか「ちゃんとやろうや!」みたいな台詞を挿むことなく、流れを止めずにどんどんボケとツッコミを重ねていって。
ただ、テンポが良すぎて、大きく爆発するボケの箇所がなかったのが敗因かも。
彼らのネタは大好きなので、また頑張って欲しいなー。

で、優勝したのがトータルテンボス
おめでとう~!! 納得です。上手いもん。
M-1でも非常に惜しかっただけに、「良かったね、とうとうやったね~」という気持ちはひとしお。
プロポーズの言葉にはにかむアフロな藤田さんがツボ。
あの握った手が可愛いんだよねぇ(笑)
「勝因は敗者復活がなかったから」という、大村さんのコメントがナイス★
関連記事
13:29 テレビいろいろ | コメント(4)
コメント
見ました~
トータルテンボス、本当に良かったですね!
地道にM-1などで実績を積んできた結果でしょうね。
「構わんよ」に拍手喝采の、あったかい会場にも笑っちゃいました。

NON STYLEと三拍子、全く同感でした!
さすがのNON STYLEと、過去最高の三拍子、面白かったです。
ペコりんさんとは、ツボが同じかもしれませんね。
トータルテンボス、優勝できてホントに良かったですね。「ハンパねぇ」とかの特徴的なワードは削り気味で、ただその中で残した「構わんよ」は、いいアクセントになってますよね。ライブを沢山やってるせいか、ここ1,2年でとても上手くなったと思います。
くりぃむぽっとさんも、三拍子とノンスタに高評価というのは嬉しいです。ツボ、一緒ですね。うふふ♪ 特に三拍子は、あれで優勝できないなら一体どんなネタを作ればいいんだ!と思うような面白さでしたよね。
三拍子ホントにおもしろかったのに・・・多分違うチャンピオン大会だったらあれで優勝できてただろうね過去最高のKB越してるんだから
やっぱりうまかったトータルテンボスを褒めるしかないw
後皆さんはオジンオズボーンはいかがでしたか?僕はあれで結構笑いました^-^
初めまして、鷹さん★
三拍子は本当に面白かったですね。違う大会、またはネタ順が違っていたら優勝出来てたかも知れないですよね。惜しかったです。
オジンオズボーンのネタは、私はそれ程ツボではなかったです。すいません。篠宮くんのボケはホリケンのようなぶっ飛んだ感がありましたが、高松くんのツッコミがもう一つ面白かったらなぁと思いました。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。