09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

「流星の絆」、読了。

2008/09/02
Vコン話の続きがなかなか書けず、「やべぇ・・・」と思いつつある今日この頃(笑)


10月からニノが主演するドラマの原作・「流星の絆」、読み終えました。
本来なら文庫になってから読むつもりだったのに、ドラマのおかげで随分と早く読む羽目になりましたが・・・。

これ、東野さんの話にしては(失礼)、読後感がとても良くて、好きな作品でした。
最近読んでたのは、ストーリーとしてはぐいぐい引き込まれるけど、何とも言えない無力さとか苛立ち(ストーリーそのものに対してではなくて)や、切なさを感じるものが多かったんだけど、この作品は違ってましたよ。
復讐を扱っていながらも、爽やか。

3兄妹の配役も既に知ってたから、頭の中で映像を思い浮かべるのも楽だったです。

ニノが演じる、長男・功一は頭脳明晰でかなりクールな人物。
可愛い顔してるニノとは、一見かけ離れてる感じもするけど、「魔王」にゲスト出演した際の役のイメージに近いと思えばそんなに違和感もなくて、クールで格好良い功一を演じるニノを想像しながら読むのは、とっても楽しかったです、はい。

ただ、本の中では、功一は兄妹の中心ではあるけど、あくまでもプランを立てる役で、プランに沿って行動を起こすのは弟と妹。
そんなニノを主役にして話を進めるにはどうするんだろ?と、思っていたのですが。

兄妹の絆を強調するためか、原作とは変えて、功一は頑固で間抜けな性格らしい。
間抜けって・・・

そっか。
そこを変えちゃうのかー。
クールなニノが見たかったんだけどなー!

まぁ、ニノが演じるならどんな感じでも多分許せるとは思うんだけど、原作に思い入れもあるだけに、少々複雑な気分だわ。
クドカンの脚本に期待しよ(・・・苦手だけど)

で、主要キャスト4人の他にもう一人、大事な人物がいて。
読みながら、「この人は一体誰が演じるんだろ?」と、気になって気になって仕方なかったのですけど。

多分、要潤くんなのね。 ふ~ん。
もう少し年上の人物を想像してたので、意外な感じがするなぁ。
まぁ、嫌いな俳優さんではないので、それはそれで楽しみかも。
ぜひぜひ素敵に演じて頂きたい♪
関連記事
17:07 読んだ本 | コメント(2)
コメント
へぇ…
このドラマ、私も見たいと思ってます。
原作も配役も知らないので、未知のものへの期待でいっぱいです。

脚本って、クドカンなんですねぇ~。ちょっと意外でした。
しかも、クールなハズの主役が、ちょっぴり間抜けに!?
シリアスなミステリーだと想像してたんですが、違うのでしょうか…。

要潤さんは、大好きです。かっこいいのに、面白くて。
色々な意味で、楽しみなドラマですね。
見ましょうね、見ましょうね! 楽しみですね~★
私もシリアスなミステリーだと思って読み始めましたが、妹の心の動きの変化のせいで、青春ミステリ的な爽やかさとかその他諸々が加わったので、好きな作品でした。
どうも、ニノ曰く「原作を読んだ人は違うイメージを抱きそうな脚本」らしいのですが、クドカン曰く「原作に忠実に書いた」らしいです。どっちがホントなのか・・・) でも、「白夜行」とは違って、シリアスではなくかなり爽やかな感じにはなりそうです。
要くん、良いですよね♪ 今回は「持ってかれた!」とは言わないキャラでしょうけど(笑)、素敵に演じてくれると思います。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。