09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

「壺中の天国」

2008/11/10
前から読みたいと思っていつつ、手にする度に、その厚さと読みにくそうな文体に「また今度にしよ」と逃げてた(別に逃げなくてもいいんだけど)、倉知淳さんの『壺中の天国』をようやく読了。

いやー、頑張ったな、私!

この作品、第一回目の本格ミステリ大賞・受賞作だったのね。
何か賞を獲ったのは知ってたけど、それだったとは。


いやー、それにしても頑張った、私!(2回目)

活字は大好きだけど、結構大変なものがありました。
時々出てくる怪文書が、すっごく読みにくくて。
それ以外にも、読みにくい部分いっぱいあったし。

でも、結局は怪文書が解決の鍵になるという・・・。
ちゃんと読まなかった私に、事件が解決できなかったのは当然な訳で(笑)


感想は「面白かった」でいいのかなー。

いわゆる“オタク”と分類されるような人が沢山出てきて、それに関する描写も、考え方にも大いに肯けるトコがあって嬉しかったし。
中でも、10歳の実歩ちゃんの姿は、まるで私を見ているようだった。
私はそこまでしないけど、でも似たような事はしてるというか、考えてるというか、考えてもおかしくないというか・・・。

で、犯人とその動機、隠れてた被害者の共通点が分かってから、もう一回、その部分・計4箇所を読み直して(さすがに全編読み直す気力はナシ)、「おぉ!」と言ってしまいましたよ。
感激でしたね。
アンジャッシュのネタにも似てなくもない感じで。

(ついでに、あの文章の部分は「お前か!」と、ツッコんでおきました)
関連記事
21:07 読んだ本 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。