06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

アンジャッシュ@「今まで見たことないTV」

2008/12/06
先日の「ビートたけしの今まで見たことないTV」
アンジャッシュが出たコーナーが、予想外に面白かった件。
特番だし、何やるのかも全く分からず、大して映りもしないんじゃないかと、全然期待していなかっただけに。

“感動のご対面番組”をパロッた番組のコーナーに、児嶋さん。
生き別れた父を探して欲しい、という依頼人役。

「この扉の向こうにお父さんがいますよ」と言われて、
開けた扉の先に待ってたのが、熱湯風呂とダチョウ倶楽部さんて!(笑)
いつも騒々しいダチョウさんが、小っさい声で「やぁ~」って言いながら、にこやかに並んでる姿を見ただけで大笑い。
あのビジュアルは得だなー。それだけで笑えるもん。
途中、でっかい声で「こんなチャンスないぞ~」と、児嶋さんの肩を叩く上島さんが面白すぎ!


で、児嶋さんは熱湯風呂に入る羽目になった訳ですが。
浸かってる時の「熱い!」よりも、出てからダチョウさん達に氷(?)をかけられて、最終的に「冷たい!」っていう声がイチバン大きかったのが、何気にツボ。

元々私は熱湯コマーシャルとかは好きじゃないんだけど、このパロディ番組コーナー、児嶋さんを依頼人役に選んでくれたからこそ面白かったと思う。
熱湯風呂に入るようなことをしてくれるのは芸人さんだけど、他の芸人さんだと、依頼人として映った瞬間に「あ、何かあるな」っていう事が、もの凄く分かってしまうから。

芸人オーラがあんまり(全然?)出てない児嶋さんだけに、冒頭はご対面番組としての雰囲気がきちんと残っているし、その上でタイトルとか司会者に扮したたけしさんの面白さが、ストレートに伝わってくる。
そして、扉を開けたことで、“お父さんに会うために熱湯風呂”という、変な状況に児嶋さんが追い込まれた可笑しさがドンと迫ってくるわけで。
「どういうことですか?」と、地味に戸惑う児嶋さんの表情が面白い。

実際、熱湯風呂に入った時のリアクションも、あんまりやり過ぎると“いかにも芸人”って感じになって、依頼人らしさがなくなっちゃうし、その点、あれくらいの感じがいいんじゃないかと。
いやぁ~、児嶋さんを使ってくれてありがとうございました♪と言いたい。
ナイスチョイスです。

渡部さんは、お父さん役で出演時間がたった2秒(笑)
短かったけど、あれはあれでオイシイ。
関連記事
21:41 アンジャッシュ関連 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示