05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

児嶋さん@「麻雀バトルロイヤル・2009」

2009/01/09
さて、昨年末に書いた、「児嶋さんが麻雀の番組に出てた気がする」という、ダンナさんの言葉。

嘘じゃなかったー。

疑ってた訳じゃないですよん。
ダンナさんが「見た」というなら、それは確かに児嶋さんなんだろうな、とは思ってましたけど。

ただ。
「前に放送した何かの再放送とか、そういうんじゃないの?」とは思ってた(笑)
とりあえず・・・ごめん!ダンナさん。
(と、ここを見てはいないだろうけど、一応謝っておく)

公式HPにも一応載ってたのね。 Webの欄にあったから、気づかなかったよ。


んで、本題。

児嶋さんが出たのは、MONDO21・「麻雀 BATTLE ROYAL 2009」#1。
4人一組のチームを作り、プロを交えて4チーム。
各チームから一人ずつ出て対局し、計4戦、大将戦終了時の状況にて勝利チームを決定、という感じ。
児嶋さんはバビィさん率いる芸能人チームの一人で、他のメンバーは加賀まりこさんと風間杜夫さん、金子達仁さん。
で、児嶋さんは先鋒。

・・・と、ここまで書きつつも、麻雀を全く知らない私。 いえー。
なので以下は、個人的なツボのみ(一応ネタバレもしてます)

最初と最後だけ一回見て終わりにするつもりだったけど、ダンナさんにちょいちょい解説して貰いつつ、だらんと見てたらそこそこ面白かった。



登場時、「一回戦のメンバーが暗い人が多いから、児嶋さんがいて良かったです、って言われたんですけど、僕も暗いですからね!」と。
会場が会場なだけに、実況の方がふふふっと笑ってくれたくらいで、スタジオ内はメチャメチャ静か。

いつもだったら、「あ、児嶋さん、またスベってる」とか思って(失礼)、若干テンション下がるんだけど、あの状況じゃ仕方ないと思えるので、逆にそのスベリっぷりが面白くて、つい私は吹き出してしまったし、頑張ったなぁと何だか褒めてあげたくなってしまった。
うーん。 すっごくハードルが下がってるな(笑)

東1局、児嶋さんがツモって上がり。おぉ。
プロ3人相手に萎縮せずに頑張ってる、とのお褒めのお言葉。 ありがとうございます。

んで、児嶋さん、なかなかいい牌をツモってくる。
私には、どの牌がくればいいのか、どの牌を待ってるのか、全然わかんないんだけど、実況や解説の方々のテンションが上がるので分かる。
何度も何度も、「児嶋はいい引きしてますねぇ」と言われる場面が。

東1局は上がったものの、その後4位に後退と、苦しい展開になった所での東4局。
リーチ・一発・ツモ・イーペーコーで上がり。
スタジオ内に「おぉ!」という空気が。

見ていた監督のバビィさんが拍手しながら、「素晴らしい。さすが芸能人」と、
チームメイトの金子さんも、「芸能人の方って引きが違いますよね」と仰るので、聞いてた私、「あの芸能人オーラのない児嶋さんが(またまた失礼)、“芸能人”として褒められてる!!」と、またも吹き出してしまいましたさ。
後日、加賀さんや風間さんの対局も見てたダンナさん曰く、他の3チームがプロばかりなので、芸能人チームをとても褒める傾向はあったらしいのだけど、それでも児嶋さんがそんな風に言われるのは楽しかったな。

途中死にそうになるも、結果は3位。
この順位といい、オーソドックスな打ち方(ダンナさん談)といい、リーチをあんまりかけない所といい、対局が終わった後のコメントでも、その辺を自覚して「えへへへへ」と笑ってるトコが、なんとも児嶋さんぽくて良かったっす。
関連記事
14:58 アンジャッシュ関連 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。