06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

ニノの次は櫻井さん。

2009/01/10
私の中で、今、櫻井さんが熱いのですが・・・(笑)

ニノから櫻井さんに移った、という訳では決してないんだけど!!
元々好きだし(←ここ重要)、ドラマが終わってニノの露出が落ち着いたり、ニッキまでもが終わっちゃってボディブローのように寂しさがじわじわ効いている所に、「ヤッターマン」関連で櫻井さんの雑誌の露出が始まったんですもん。
そりゃ、熱くなりますわよねぇ。

手始めは、「+act..」
スケジュールチェックするの忘れてて、本屋さんで表紙になってる櫻井さんをいきなり見つけたので、結構驚いた。
表紙での色気漂う櫻井さんの美しいこと、美しいこと。
とは言え、値段が値段なだけに、買おうかどうしようか一瞬悩みましたが。
やっぱり購入。

だってねぇ・・・あの18000字インタビューは、やはり捨てがたい!
もちろん字数が多ければいいってもんじゃないんだけど、パラパラと読んだだけで感じた、あの幸福感。
それを、そのページを開くたびに感じられるなら、喜んで980円出しますとも。

以下、若干イタイ感じになってる気がするので畳みます。


私は櫻井さんの言葉が好き。

とても誠実な受け答えをしてくれるし、その中に茶目っ気もあって。
この雑誌で語ってた言葉そのものもそうだけど、そこから見えてくる櫻井さんの世界観、聡明さ、人としての品の良さ、意外と内に秘めてる熱さが好きだし、更に突き詰めていくと、櫻井さんの「嵐」観がとても好き。

国立でのコンサートに関連して、色んなところで、
「嵐」はアイドルグループではあるけれど、(ただグループというだけではなくて)皆の思いが集まった象徴のようなもの、と語ってた櫻井さん。
その言葉はとても正しいと思ったし、私も漠然と似たようなことを考えていたから、「あぁ、櫻井さん、ちゃんと分かってくれてるんだなー」と思って、嬉しくて嬉しくて堪らなかった。
「嵐」の中にいながらそんな風に感じ取って分析できる、その感性・知性が素敵だし、それをきちんと表に表してくれるのが有り難いなぁと思う。

そして誌面で、「山田太郎ものがたり」のPであった高橋氏が語ってくれた、櫻井さんのエピソードがまた素敵!
御村くんが隆子をけしかける、ともすると人の恋心をおちょくってるように取られかねないシーン。
全てを察していて、一言「分かってる。頑張るから見てみて」と言って臨み、見事にギリギリの部分を表現してくれたというシーン。
読みながら、「あぁ、あそこですよね、分かります。確かにそうでした」と。
櫻井さんが演じた御村くんは全編通してとても魅力的だったし、あのシーン一つにそんなエピソードがあったとは・・・と、この部分読んだだけでもホンワカと幸せ気分。

で、そんな御村くんが見たくなったので、夜中にDVD引っ張り出してきて、ついつい見ちゃいましたよ。
ニノの可愛さにも激萌えしつつ・・・(笑)
更にその勢いで、真面目なだけでなくヘタレな櫻井さんもどうしても見たくなってしまったので、「アラシちゃん」の日光での肝試しの回を久しぶりに。
「やっべ、やっべ!」と怖がる姿に大ウケし、“相葉ちゃんと二人”という状況にまたも萌え!(笑)


それにしても、(買って後悔はしていないが)映画雑誌はやっぱり高い!
いくら「櫻井さんも好き」とは言っても、この本だけで十分読み応えがあったし、もうやめておこ。





・・・・・と、思ったのも束の間、

今日見かけた「Cinema★Cinema」
写真の余りの格好良さに、ついフラフラと買ってしまったダメな人です、ええ(笑)
ちきしょー。 なんでそんなに格好良いんだ、櫻井さん!!
関連記事
00:55  | コメント(2)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントありがとうございました☆

櫻井くん、いいですよねぇ。
御村くんを演じてた時は、本当に王子様みたいで、とっても魅力的でしたよね。

見た目と内面のギャップ、ありますね~。分かります!
カッコいいんだけど、たまらなく可愛らしいですよね。

管理者のみに表示