09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

「the TEAM」と「日暮らし」、読了。

2009/08/17
気分転換に(?)、すごい勢いで本を2冊ほど読みました。

普段、一つの作品にどっぷり浸りながら読む私にしては珍しく、同時進行で。

一冊は、井上夢人さんの「the TEAM」
もう一冊は、宮部みゆきさんの「日暮らし」

どっちも面白かったー。

以下、簡単に感想なんぞ。

「the TEAM」
 タイトル通り、4人で構成されてるチームに関する連作短編集。
 何をやってるチームかっていうのはアレなんだけど・・・(笑)
 
 1話毎に重心(視点)を置く人物が違っていて、ストーリーへのアプローチの仕方が違っているのが面白い。
 やってる事は決して褒められた事じゃないけど、手口と解決の仕方が鮮やかで、読後感も良し。
 「ルパン3世」に出てくる、あの4人みたいですね~。


「日暮らし」
 「ぼんくら」の続編。
 こっちも、最初は連作短編集のような雰囲気を出しつつ、徐々に大きな物語へと繋がっていく、その構成が巧みだなぁと。
 そして弓之助が可愛らしい。
 人形のような美しい顔立ちだからではなく、礼儀正しくて聡明で素直で・・・という、その少年らしさが堪らなく愛らしい(ある意味、子の理想形ですねぇ)
 
 それに、政五郎さんや佐吉さん・お徳さんといった、登場人物がそれぞれ魅力的。
 最近の宮部さんの小説は、(文庫になったのしか読んでないけども)、現代物よりも時代物が断然好き。この作品に限らず、額に汗して働いて、一日一日を大事に暮らしている人が沢山でてくるトコが。
 そういうの読むと、「あぁ、私もちゃんとしなきゃな」という気持ちになります。
関連記事
00:20 読んだ本 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。